テーマ:東京

代々木

明治神宮参道に立つ「代々木」の地名の由来となったとされている樹木。江戸時代に彦根藩井伊家下屋敷であった当地には代々樅の巨木があり「代々大きな木があった」という意味で「代々木」の地名が発祥したそうです。なお当時の木は、昭和20年5月の空襲の際、撃墜されたB-29が直撃して焼失したそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明治神宮

東京都渋谷区に鎮座し明治天皇と昭憲皇太后をご祭神とする神社。境内には多くの樹木が育ち、神宮の森とも呼ばれ、都心部の貴重な緑地として親しまれています。また、初詣では例年日本一の参拝者数を誇っています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸の殉教者顕彰碑

江戸時代に東海道沿いの札の辻(現在の田町駅付近)から 品川に至る小高い地で50名の切支丹信者が火刑に処せられたのをはじめ、江戸全体では2千名近くの信者が殉教したとのこと。この江戸の大殉教者約2千人の信者を称えて、カトリック高輪教会の敷地内に顕彰碑がたてられています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大石良雄外十六人忠烈の跡

吉良邸討ち入り後、大石内蔵助他計17名は肥後熊本藩主細川綱利の屋敷が預けられ、元禄16年(1703年)2月4日、同屋敷で切腹しました。港区の都営高輪アパート内に切腹の跡とされる場所が残されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大石良雄等自刃ノ跡

吉良邸討ち入りに成功した赤穂義士46名は4つの大名家に分けてお預けとなり、大石良雄は肥後熊本藩主細川綱利の屋敷に預けられました。元禄16年(1703年)2月4日、4大名家に切腹の命令がもたらされました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大石内蔵助墓

大石良雄、通称大石内蔵助は播磨国赤穂藩浅野家の筆頭家老。元禄15年(1702年)12月15日未明、赤穂浪士を率いて吉良邸討ち入りを果たし、翌年2月4日、細川邸で切腹、主君と同じ高輪の泉岳寺に葬られました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅野内匠頭長矩墓

浅野内匠頭長矩は播州赤穂藩藩主。元禄14年(1701年)3月14日、 殿中松の廊下で吉良上野介に突然斬りかかり即日切腹。ここから赤穂義士の物語が始まりました。浅野内匠頭の墓は浅野家と所縁のあった東京芝高輪の泉岳寺にあります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首洗いの井戸(泉岳寺)

元禄15年(1702年)12月14日、赤穂47士は本所松坂町の吉良邸に討ち入り本懐を遂げました。そして、赤穂47士は吉良上野介の首を泉岳寺の浅野内匠頭の墓前に供えましたが、その時に、この井戸で吉良上野介の首を洗ったと伝わっています。    
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泉岳寺

東京都港区高輪にある曹洞宗のお寺で、赤穂義士の墓所として有名。江戸時代初期には外桜田にありましたが、火災で焼失。高輪への移転の際、助力した大名の一つに浅野家があったとのことです。    
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天海僧正髪塚

  天海僧正は、江戸時代初期に徳川家康の側近として活躍した天台宗の僧。 家光の代に、江戸城の鬼門にあたる忍岡に寛永寺を創建したのも天海僧正。 天海僧正は、実は明智光秀であったという興味深い異説もあります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

将門塚

  東京都千代田区大手町にある平将門の首を祀っている塚。伝承では、将門 の首級は平安京まで送られて都大路で晒されましたが、3日目に故郷に向か って飛んでゆき、数カ所に落ちたとされています。ここはその中の一つです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜田門

江戸城の内堀にある門の一つで、国の重要文化財に指定されています。 安政7年(1860年)3月3日の雪の日、この門の近くで、大老井伊直弼が水戸浪士に襲撃され暗殺された事件(桜田門外の変)の現場として有名です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊達政宗終焉の地

出羽国と陸奥国の戦国大名・伊達氏の第17代当主、仙台藩初代藩主の伊達政宗は、寛永13年(1636年)5月24日卯の刻(午前6時)、仙台藩桜田上屋敷(現在の日比谷公園)で亡くなりました。享年70(満68歳没)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日比谷見付跡

見附というのは、おもに城の外郭に設けられた城門のこと。日比谷見附跡は江戸城を囲む「江戸城36見附」の一つの日比谷御門があったところです。 現在は、日比谷公園の北東側角(有楽門)から入ったところに石垣が残されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日比谷公園

東京都千代田区、江戸時代には大藩の上屋敷が置かれていた所にある公園。 明治4年(1871年)、日比谷・霞が関の旧武家地一帯に陸軍操練所が設置され、明治26年(1893年)に東京市が軍から払下げを受け、その跡地が日比谷公園となりました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

数寄屋橋碑

数寄屋橋は寛永6年(1629年)に江戸城外濠に架けられた橋で、 昭和4年(1929年)に石造りの二連アーチ橋に架け替えられました。 その後、取り壊されて現存はしていませんが、地名が残されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌舞伎座

東京都中央区銀座四丁目にある歌舞伎専用の劇場で、かつては歌舞伎以外の催しも行われることもあったようですが、平成5年(1993年)以降は、「歌舞伎の本拠地」として原則通年で歌舞伎を興行しているとのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京盲唖学校発祥の地

東京盲唖学校は明治後期に存在した官立の盲教育・聾唖教育機関。 明治21年(1888年)に築地にあった文部省直轄の訓盲唖院を改称して 設立され、ここで明治23年(1890年)に日本点字が創られたそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海軍省跡(築地)

明治維新の後、築地の大名屋敷や講武所跡は主に海軍用地として使用され、 明治5年(1872年)、尾張藩別邸跡には海軍省が創設されました。 現在、海軍発祥の地として「旗山」の碑が築地の水神社境内に建てられています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かちときのわたし

明治38年(1905年)1月18日、日露戦争における旅順陥落祝勝記念として、 築地と対岸の月島の間を結ぶ渡し舟である「勝鬨の渡し」が設置されました。 後の昭和15年(1940年)6月14日に、この場所に勝鬨橋が架けられました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海軍経理学校跡

海軍経理学校とは、海軍兵学校および海軍機関学校と並ぶ旧海軍三校 の一つ。明治40年(1907年)に現在の東京都中央区築地に創設され、 第二次世界大戦終結後に日本海軍が解体されるまで続きました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軍艦操練所跡

幕末に江戸幕府が海軍士官の養成のために築地に設置した教育機関。 安政4年(1857年)に、永井尚志以下の長崎海軍伝習所の学生の一部が 蒸気船「観光丸」で江戸に移動し、講武所内に軍艦教授所が開かれました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虎ノ門記念碑

東京都港区虎ノ門の虎ノ門交差点の北東角に「虎ノ門記念碑」があります。 「虎ノ門」とは江戸城の南端(現在の虎ノ門交差点附近)にあった門の名前で、明治6年(1873年)に門が撤去された後も、近隣地域の地名として使われてきました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

義士足洗いの井戸

吉良邸に討ち入りし、本懐を遂げた赤穂義士たちが泉岳寺へ向かう途中、2名の義士が大目付仙石伯耆守邸に出向きました。その2名が座敷に上がる際に足を洗ったという井戸が虎ノ門の日本消防会館内に再現されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

杉田玄白墓

杉田玄白は、江戸時代の蘭学医、若狭国小浜藩医で私塾天真楼を主催。 前野良沢や中川淳庵らとともに「千寿骨ヶ原」で死体の腑分けを実見し、「ターヘル・アナトミア」を和訳して安永3年(1774年)に「解体新書」として刊行しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

将軍梅

東京都港区の愛宕神社の境内にある「平九郎手折りの梅樹」と呼ばれる梅。 曲垣平九郎が愛宕山の麓から傾斜約37度、86段の石段を馬で駆け上り、 愛宕神社のこの梅の木の枝を手折り、将軍家光に献上したと伝わっています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜田烈士愛宕山遺蹟碑

安政7年3月3日(1860年3月24日)、江戸城桜田門外で水戸藩からの 脱藩者17名と薩摩藩士1名が彦根藩の行列を襲撃し、大老井伊直弼を暗殺。 当日の早朝、一行は愛宕神社で待ち合わせ、桜田門外へ向かったそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出世の階段

愛宕山の麓から山上にある愛宕神社に上る傾斜約37度、86段の石段。 寛永11年1月28日(1634年2月25日)、曲垣平九郎が馬でこの石段を 駆け上がり、山上にある梅枝を取ってくることに成功したそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

爆弾三勇士像

爆弾三勇士とは、第一次上海事変で敵陣を突破し自爆して突撃路を開き英雄となった、江下武二、北川丞、作江伊之助の3名の一等兵のこと。 東京芝の青松寺の墓地の奥に、江下武二の像のみが残されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孤忠留魂之碑

昭和20年(1945年)8月14日の深夜から15日にかけて、皇居(宮城)で 日本の降伏を阻止しようとして起きたクーデター未遂事件が宮城事件。 宮城事件の中心となった4名の陸軍将校の碑が青松寺境内にあります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more