テーマ:東京

代々木

明治神宮参道に立つ「代々木」の地名の由来となったとされている樹木。江戸時代に彦根藩井伊家下屋敷であった当地には代々樅の巨木があり「代々大きな木があった」という意味で「代々木」の地名が発祥したそうです。なお当時の木は、昭和20年5月の空襲の際、撃墜されたB-29が直撃して焼失したそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明治神宮

東京都渋谷区に鎮座し明治天皇と昭憲皇太后をご祭神とする神社。境内には多くの樹木が育ち、神宮の森とも呼ばれ、都心部の貴重な緑地として親しまれています。また、初詣では例年日本一の参拝者数を誇っています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸の殉教者顕彰碑

江戸時代に東海道沿いの札の辻(現在の田町駅付近)から 品川に至る小高い地で50名の切支丹信者が火刑に処せられたのをはじめ、江戸全体では2千名近くの信者が殉教したとのこと。この江戸の大殉教者約2千人の信者を称えて、カトリック高輪教会の敷地内に顕彰碑がたてられています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大石良雄外十六人忠烈の跡

吉良邸討ち入り後、大石内蔵助他計17名は肥後熊本藩主細川綱利の屋敷が預けられ、元禄16年(1703年)2月4日、同屋敷で切腹しました。港区の都営高輪アパート内に切腹の跡とされる場所が残されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大石良雄等自刃ノ跡

吉良邸討ち入りに成功した赤穂義士46名は4つの大名家に分けてお預けとなり、大石良雄は肥後熊本藩主細川綱利の屋敷に預けられました。元禄16年(1703年)2月4日、4大名家に切腹の命令がもたらされました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大石内蔵助墓

大石良雄、通称大石内蔵助は播磨国赤穂藩浅野家の筆頭家老。元禄15年(1702年)12月15日未明、赤穂浪士を率いて吉良邸討ち入りを果たし、翌年2月4日、細川邸で切腹、主君と同じ高輪の泉岳寺に葬られました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅野内匠頭長矩墓

浅野内匠頭長矩は播州赤穂藩藩主。元禄14年(1701年)3月14日、 殿中松の廊下で吉良上野介に突然斬りかかり即日切腹。ここから赤穂義士の物語が始まりました。浅野内匠頭の墓は浅野家と所縁のあった東京芝高輪の泉岳寺にあります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首洗いの井戸(泉岳寺)

元禄15年(1702年)12月14日、赤穂47士は本所松坂町の吉良邸に討ち入り本懐を遂げました。そして、赤穂47士は吉良上野介の首を泉岳寺の浅野内匠頭の墓前に供えましたが、その時に、この井戸で吉良上野介の首を洗ったと伝わっています。    
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泉岳寺

東京都港区高輪にある曹洞宗のお寺で、赤穂義士の墓所として有名。江戸時代初期には外桜田にありましたが、火災で焼失。高輪への移転の際、助力した大名の一つに浅野家があったとのことです。    
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

品川第三台場

嘉永6年(1853年)米艦隊来航にあたって海防の必要を認めて江戸幕府が築造した台場のひとつ。陣屋や弾薬庫の痕跡がよく残されているとして、無人島と化している第六台場とともに大正15年(1926年)10月20日に「品川台場」として国の史跡に指定されました。 現在は都立公園になっています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高橋是清邸

高橋是清は明治から昭和の初めにかけて日本の政治を担った政治家。高橋是清邸は元々は現在の東京都港区赤坂にありましたが、主屋部分が東京都小金井市の江戸東京たてもの園に移築されて展示保存されています。2・26事件で高橋是清が暗殺された部屋も残されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高橋是清暗殺現場

高橋是清は第20代内閣総理大臣で、総理大臣としてよりも大蔵大臣としての評価の方が高い政治家。二・二六事件において、赤坂の自宅二階で反乱軍の青年将校らに胸を6発撃たれ暗殺されました。享年83(満81歳没)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巣鴨プリズン跡

巣鴨プリズンは第二次世界大戦後に設置された戦争犯罪人の収容施設。 極東国際軍事裁判により死刑判決を受けた東條英機ら7名の死刑が執行さ れた場所です。処刑場周辺は現在は豊島区立東池袋中央公園となっています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同人社跡

同人社は中村正直が明治6年(1873年)に現在の東京都文京区水道に設立した私塾。慶應義塾や攻玉塾と合わせて「三大義塾」として並び称 されましたが、経営難のために明治20年(1887年)に廃止されました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧日本帝国陸軍東京砲兵工廠跡の基礎用レンガ

東京砲兵工廠は日本陸軍の兵器工廠。明治4年(1871年)から昭和10年 (1935年)まで現在の東京ドームの地で、その機能を小倉工廠に移転する まで操業し、小銃を主体とする兵器を製造したところです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国木田独歩住居跡

国木田独歩は千葉県銚子生まれの小説家、詩人、ジャーナリスト、編集者。 明治29年(1896年)に現在の渋谷区のNHK放送センターの南側に移り住み、翌明治30年(1897年)6月麹町に移ったそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二・二六事件慰霊像

昭和11年(1936年)2月26日未明、青年将校に率いられた陸軍部隊が「昭和維新断行・尊皇討奸」を掲げ、政府要人を襲撃し殺害。此処はその後投降した青年将校等17人が処刑された東京陸軍刑務所の跡地です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御成門通り

東京都品川区北品川の御殿山交番前交差点から南へ通る道。徳川将軍の東海寺へのお成りや茶会、鷹狩りの時の休息所等として品川御殿が利用さ れ、将軍がお成りになった道筋としてその名が残ったとも推定されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道灌通り

東京都品川区北品川の御殿山交番前交差点の近くを南北に通る道。 御殿山は太田道灌が居住した地との言い伝えがあり、太田道灌ゆかりの地として通りの名となったようです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新橋跡の親柱

汐留川に宝永7年(1710年)に架けられた橋は「新橋」また「芝口橋」と呼ばれ ましたが、その橋の明治時代の初めにデザインされた親柱が、銀座の入り 口、銀座八丁目の中央通り沿いの首都高の高架下に残されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カフェパウリスタ(銀座)

明治44年(1911年)に銀座に開業したカフェで「日本初のカフェ」との こと。「銀ブラ」の語源は「銀座をブラつくこと」ではなく「銀座パウリスタに ブラジルコーヒーを飲みに行くこと」だそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遍奇館跡

現在の東京都港区六本木で、作家永井荷風が大正9年(1920年)から 昭和20年(1945年)の空襲で焼けるまで25年間住んだ処。偏屈な変わり者を自認し、ペンキ塗り木造2階建ての洋館をもじって偏奇館と命名したそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本国憲法草案審議の地

東京都港区六本木のMFPR六本木麻布台ビルの脇にある記念碑。 戦後この地に外務大臣官邸があり、そこで連合国軍総司令部と日本 国政府の間で日本国憲法草案について審議が行われました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南部坂

東京都港区赤坂の米国大使館宿舎脇を西北に上り、左折して氷川神社の方に上る坂。「忠臣蔵」の名場面のひとつ、大石良雄が瑤泉院に暇乞いに 訪れた「南部坂雪の別れ」の舞台としても知られています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝海舟邸跡

東京都港区赤坂の本氷川坂の下にある勝海舟邸跡。勝海舟は安政6年 (1859年)から明治元年(1868年)までをこの地で過ごしましたが、文久2年 (1862年)12月、坂本龍馬が勝に面会するために訪れたのがこの地です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅野土佐守邸跡

元禄の頃に浅野土佐守の屋敷があった処。浅野内匠頭が切腹した時、夫人の瑶泉院はここ実家の浅野式部小輔長照のところに引き取られ、以後正徳4年(1714年)に死去するまで、この地で幽居していました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝安芳邸跡

静岡に移住していた勝海舟が、明治5年(1873年)に東京に戻ってきて 明治32年(1899年)に亡くなるまで住んでいた所で、勝海舟の終焉の地でもあります。現在は特別養護老人ホーム「サン・サン赤坂」となっています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝海舟・坂本龍馬師弟像

東京の赤坂にあった勝海舟の旧邸宅跡に建てられている二人の像。尊王攘夷派だった龍馬は、開国を唱える勝を斬ろうとして勝海舟の屋敷を訪れましたが、 勝の思想に触れて考えを変え、弟子入りを願ったという逸話があります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本考古学発祥の地碑

東京都大田区のJR京浜東北線の大森駅のホームに建つ石碑。大森駅 から北に200m程のJR線路沿いに大森貝塚遺跡の大きな石碑があり、 また更に200m程北に行くと「品川区大森貝塚遺跡庭園」があります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田安門

東京都千代田区北の丸公園内、江戸城(現・皇居)に造られた門で、北面する高麗門と西側に直交する渡櫓門からなる桝形門。昭和36年(1961年) に「旧江戸城田安門」として国の重要文化財(建造物)に指定されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more