左馬神社

  横浜市泉区下飯田町に鎮座する神社で、境川沿いに多く見られるサバ神社の一社。祭神は左馬頭源義朝で、平安時代末期に飯田五郎家義が勧請したとも、小田原北条時代に領主川上藤兵衛が勧請したとも言われています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士塚城址

  横浜市泉区下飯田の富士塚公園に「富士塚城址」の碑が建っています。 飯田五郎家義の館があったとされているところで、飯田家義は、石橋山の 合戦で、大庭景親に従いながらも、頼朝の危機を救ったと伝わっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

由比若宮遙拝所

  鎌倉の鶴岡八幡宮はもともとは材木座にあり、由比若宮と呼ばれています。 その由比若宮を現在の鶴岡八幡宮から遙拝できるのがこの場所で、舞殿か ら白旗神社へ向かう途中の右手にあります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白旗神社(鶴岡八幡宮)

  鎌倉鶴岡八幡宮の舞殿から東の方に100m程のところにある神社で、 北条政子によって創建され、祭神は源頼朝と源実朝とのことです。黒漆 塗極彩色の社で、武衛殿(武衛とは頼朝のこと)とも呼ばれています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若宮大路幕府跡

  鎌倉幕府は当初、大蔵の地に置かれましたが、その後宇津宮辻に移動。 さらに、嘉禎2年(1236年)に若宮大路御所に移されました。そして、 元弘3年(1333年)、鎌倉幕府はついに、この地で終焉を迎えました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東勝寺橋

  鎌倉旧市街地最大の河川である滑川の中流部に架かる橋で、この橋を 西から東へと渡ると、北条氏滅亡の地である東勝寺跡があります。また、 この橋の付近は、青砥藤綱の故事伝承が残るところでもあります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東勝寺跡

  東勝寺はかつて鎌倉市葛西ケ谷にあったお寺で、北条氏の菩提寺である と同時に、城塞の意味をもった寺院であったと推測されているそうです。 鎌倉幕府滅亡時には、北条高時ら北条氏一門多数が自刃したところです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹切りやぐら

  鎌倉幕府は、元弘3年(1333年)、新田義貞による鎌倉攻めにより滅亡。 北条一族とその家臣約800名は、東勝寺に追い詰められ自害したとのこと。 東勝寺跡の近くに、当時の戦死者を弔ったと伝わる腹切りやぐらがあります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新羅三郎手玉石

  新羅三郎は源頼義の三男、源義家の弟で、近江国の新羅明神(大津三井 寺新羅善神堂)で元服したことから新羅三郎と称したとのこと。新羅三郎が 勧請した鎌倉の八雲神社に「新羅三郎手玉石」なる石があります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八雲神社

  鎌倉の大町にある、1083年創建の鎌倉最古と云われている厄除け神社。 源義家の弟・源義光が京都の祇園社から祭神を分霊して祀り祈願したところ、 疫病が鎮まり、厄除け開運の神社として知られるようになったとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

源義経首洗井

  源義経は、文治5年(1189年)、奥州平泉衣川高舘で自害し、その首は鎌倉 に送られ、腰越の浦で首実検されたとのことです。その後、その首は浜に捨て られ、ここに流れ着き、里人がこの井戸で洗い清めたと伝わっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戸塚宿上方見附跡

  横浜市戸塚区の富塚八幡宮から西に200m程のところに碑があります。 見付は、主要な街道の宿場の出入り口にある構造物で、一般に江戸側の 出入り口にある方を江戸見付、京側にある方を上方見付と呼んでいました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冨塚八幡宮

  源頼義・義家父子が奥州下向の際に、この地で応神天皇及び富属彦命の 神託を授って戦功を収めたため、延久4年(1072年)に、両祭神をこの地 に勧請。また、境内山頂にある「富塚」が、「戸塚」の由来とされています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芭蕉句碑(戸塚)

  横浜市戸塚区の富塚八幡宮の境内にある、芭蕉の句碑。    「鎌倉を 生きて出でけむ 初松魚はつかつお」 元禄5年(西暦1692年)、芭蕉49歳の時の作句だそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明治天皇東幸史跡

  東幸とは東京行幸のことで、明治元年(1868年)と翌明治2年(1869年) の2回に亘って行われた、明治天皇の東京への行幸のこと。横浜市戸塚区 の八坂神社境内に、「明治天皇東幸史跡」の碑があります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戸塚宿澤辺本陣跡

  戸塚宿は、東海道五十三次の5番目の宿場で、日本橋から旅程がちょう ど一泊目にあたり、旅籠数が五十三次中、小田原宿に次ぐ規模だったそ うです。戸塚宿の本陣には、澤辺・内田の二軒があったとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜海岸教会

  横浜の開港広場に隣接して建つ日本で最初のプロテスタント教会。当初は 横浜公会として、明治5年(1872年)2月2日に設立されましたが、明治8年 (1875年)に教会堂が建設されて、横浜海岸教会と改称されました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸方見付(戸塚宿)

  戸塚宿は日本橋から数えて5番目、約42kmのところにあった宿場町。 見付とは宿場の出入り口のことで、江戸側の出入り口が江戸方見付。 戸塚宿は、ここから西の方に約2.3kmが宿場の範囲でした。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉ハム倉庫

  明治10年、上柏尾村で英国人が、ハム・ソーセージなどの製造を開始。 現在の上柏尾町は当時は鎌倉郡だったため、鎌倉ハムと呼ばれました。 この倉庫は、赤レンガ倉庫と同じころの明治20年代の建造だそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

護良親王 首洗井戸

  大塔宮護良親王は後醍醐天皇の第一皇子で、建武の新政を支えましたが、 足利氏により捕縛され、鎌倉二階堂に幽閉中に暗殺されてしまいました。 護良親王の首級を奪い取った側近が、ここで御首を洗ったと伝わっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四つ杭跡

  大塔宮護良親王が鎌倉で殺害された後、その御首は家臣の手によりこの 地まで運ばれてきて、井戸の水で清められたと伝わっています。その際に、 4本の杭を打ち祭壇にしたとされる場所が、史跡となっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

王子神社

  横浜市戸塚区柏尾町に鎮座する大塔宮護良親王をご祭神とする神社。 護良親王は、鎌倉の二階堂で殺害され、その御首は家臣(侍女?)によ りこの地まで運ばれてきて埋葬されたと伝わっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅籠屋跡(程ヶ谷宿)

  東海道の4番目の宿場町である程ヶ谷宿に残る、旅籠屋(本金子屋)跡。 寛政12年(1800年)の頃の程ヶ谷宿の旅籠屋の数は、37件でしたが、 天保13年(1842年)には、69軒になっていたそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脇本陣跡(程ヶ谷宿)

  東海道の程ヶ谷宿には、本陣の他に脇本陣が3軒置かれていたそうです。 そのうちの一軒が水屋で、天保年間の規模は、建坪128坪(約423㎡)、 間口8間(約14.5m)、奥行16間(約29m)、室数14、だったそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

程ヶ谷宿本陣跡

  程ヶ谷宿は、東海道53次の4番目の、東海道では武蔵国最西端の宿場町。 保土ヶ谷本陣・苅部氏の祖先は、後北条氏の家臣の苅部豊前守康則で、 歴代当主が、苅部清兵衛を名乗ってきたとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高札場跡(程ヶ谷宿)

  程ヶ谷宿は、東海道五十三次の、江戸から4番目の宿場町。高札場は、 幕府や領主からのお触れ等を書き記した木札を掲示した施設で、街道 に面した人通りの多い場所に設置されることが多かったとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

問屋場跡(程ヶ谷宿)

  問屋場は、江戸と全国各地の間で送付される幕府の書状の継立や、参勤交代 の大名行列時などに周辺の村々から動員された人足・馬の差配を取り仕切る 場所で、街道に面した宿場の中心に設置されている場合が多かったようです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

助郷会所跡(程ヶ谷宿)

  助郷とは、江戸時代に、幕府が諸街道の宿場の保護、および、人足や馬の 補充を目的として、宿場周辺の村落に課した夫役のこと言うとのことです。 初めは臨時の人馬徴発でしたが、後に助郷制度として恒常化したそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帷子橋跡

  横浜の天王町駅前公園にある、旧東海道に架かっていた帷子橋の跡。 帷子橋は程ヶ谷宿の中にあり、「江戸より八里」の碑が建てられていて、 安藤広重の「東海道五十三次」の保土ヶ谷宿にも描かれている橋です。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神奈川台関門跡

  横浜開港後、生麦事件をはじめとする何件かの外国人殺傷事件が発生。 幕府は警備のため、安政6年(1859年)に横浜周辺に番所や関門を設置 しました。神奈川宿の西側に設置されたのが、この神奈川台関門でした。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜屋跡

  広重の「東海道53次」の神奈川・台之景にも描かれているのが、「さくらや」。 文久3年に、田中家の初代がその「さくらや」を買い取り「田中家」がスタート。 坂本龍馬の妻おりょうも、住み込みの仲居として勤めていたとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長生院

  藤沢市の遊行寺本堂の裏手にある時宗のお寺。小栗判官伝説に登場 する照手姫が晩年に住んだという伝説があります。小栗堂との別名を 持ち、境内には小栗判官、照手姫などの墓があります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼鹿毛の墓

  鬼鹿毛は小栗判官伝説に登場する名馬で、種々様々な伝説がありますが、 荒馬だった鬼鹿毛を小栗判官が上手に乗りこなしたところは共通なようです。 藤沢遊行寺の長生院の小栗判官の傍に墓があります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

照手姫墓

  照手姫は、小栗判官伝説に登場する小栗判官の愛した美しい姫で、伝説 の中で小栗判官とともに数奇な運命をたどります。照手姫が晩年に住んだ という藤沢遊行寺の長生院に墓があります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小栗判官墓

  小栗判官は小栗伝説の主人公ですが、常陸小栗氏の小栗満重や、その 子である小栗助重がそのモデルと云われています。神奈川県藤沢市にあ る遊行寺長生院に墓があります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早雲寺

  足柄下郡箱根町湯本にあるお寺で、北条早雲の遺言により北条氏綱が建 立した後北条氏の菩提寺。境内には北条五代のお墓があります。小田原 合戦のときには、一時豊臣軍の本営が置かれたところでもあります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花應院

  藤沢市西俣野にある、小栗判官伝説の伝わる曹洞宗のお寺。小栗判官を 蘇らせたのが、このお寺に安置されている閻魔大王だったそうで、また、 「小栗判官照手姫縁起絵巻」と「地獄変相十王図」が伝わっているそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

閻魔堂跡

  藤沢市西俣野の小栗判官伝説に関わる場所の一つで、小栗墓塔がありま す。かつてこの地にあった閻魔堂は天保11年(1840年)に焼失しましたが、 閻魔大王像は焼失を免れ、花応院に移されて安置されているそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天海僧正髪塚

  天海僧正は、江戸時代初期に徳川家康の側近として活躍した天台宗の僧。 家光の代に、江戸城の鬼門にあたる忍岡に寛永寺を創建したのも天海僧正。 天海僧正は、実は明智光秀であったという興味深い異説もあります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一幡袖塚

  鎌倉の妙本寺にある、焼け跡の中から僅かに見つかったという袖を祀る塚。 一幡は二代将軍源頼家の息子で、将来の将軍候補でしたが、北条氏の軍 勢に攻められて、屋敷のあったこの地で焼死したと伝わっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蛇苦止堂

  建仁3年(1203年)の比企の乱で、比企の娘の若狭局は井戸に投身自殺。 その後、文応元年(1260年)、北条政村の娘が若狭局の霊に祟られたので、 政村が若狭局を蛇苦止明神として、この蛇苦止堂に祀ったと伝わっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蛇苦止の井

  建仁3年(1203年)、北条氏の軍勢は比企館を急襲し、比企一族は滅亡。 その時、2代将軍頼家側室の若狭局は、家宝を抱えてこの井戸に投身。 若狭局は蛇身となり、今でも井戸の中で家宝を守っていると伝わっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モレル像

  エドモンド・モレルは、日本の鉄道開業に大きく貢献した英国人の鉄道技師。 日本の実情に即した鉄道建設を行い、日本鉄道の恩人と讃えられています。 明治4年に30歳で横浜で死去、鉄道開通は翌年の明治5年のことでした。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

左女牛井戸跡

  左女牛井は京の名水の一つで、堀川五条のやや南に碑が建てられています。 この辺りは、源氏の本拠地で、源頼義・義家・為義・義朝・義経などが居を構え た六条堀川館があった所で、左女牛井はその邸内にあったとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前川家(壬生)

  文久3年(1863年)から2年間、新選組の屯所となった京都の壬生にある家 で、池田屋事件の端緒となった古高俊太郎の拷問はここの土蔵で行われた とのことです。現在は個人の住宅のため、内部は一般公開されていません。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八木家(壬生)

  文久3年春、江戸から京に入った浪士隊が宿営した京都壬生村の郷士の家。 その後分裂した浪士隊の一部が新撰組を結成し、この八木家を屯所としまし た。内部抗争で芹澤鴨が暗殺された部屋とその時の刀傷が残されています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池田屋跡

  池田屋は、京都三条木屋町(三条小橋)にあった旅館で、池田屋事件の現場。 元治元年(1864年)6月5日、池田屋で会合をしていた長州藩・土佐藩などの 尊王攘夷派志士を、新選組が襲撃したのが池田屋事件です。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

将門塚

  東京都千代田区大手町にある平将門の首を祀っている塚。伝承では、将門 の首級は平安京まで送られて都大路で晒されましたが、3日目に故郷に向か って飛んでゆき、数カ所に落ちたとされています。ここはその中の一つです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神奈川運上所跡

  運上とは、現在の言葉で言うと税金のことで、運上所とは税関のこと。 しかし、当時は税関、外交、港湾などに関する総合的な役所でした。 神奈川県庁本庁舎敷地内に、神奈川運上所跡の碑が建っています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more