テーマ:福島

河合継之助墓(只見)

河井継之助は現在の南会津郡只見町で落命し、この地で荼毘に附されました。遺骨は一度は会津に渡りましたが、明治になってから継之助の郷里の長岡に改葬されました。 只見の墓は荼毘で残った遺灰と遺骨を村人たちが葬ったものだそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガトリング砲

アメリカの発明家ガトリングの開発した最初期の機関銃。 日本では越後長岡藩の河井継之助が北越戦争で初めて使用しました。 長岡市と只見町の両方の河井継之助記念館に複製品が展示されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

河合継之助像(只見)

河井継之助は越後長岡藩の上席家老で軍事総督。戊辰戦争にあたっては武装中立論を主張しましたが、結果は自分の意に反して北越戊辰戦争を主導することに。そして、 戦場で重傷を負い会津へ逃れる途中、現在の南会津郡只見町でついに落命しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

河合継之助終焉の間

河井継之助は長岡城下で被弾し重傷を負い、会津へと運ばれて行きました。 しかし、現在の南会津郡只見町まで来たときに、傷が悪化してついに落命。 継之助終焉の間が河井継之助記念館内に移築保存されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神指町如来堂

会津若松市の鶴ヶ城から北西、阿賀川の近くにある如来堂。明治元年(1868年)年9月4日、会津城下に来襲した新政府軍は、如来堂に立てこもる新選組に激しい攻撃を加え、新選組は全滅したと伝えられています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中野竹子殉節之地

明治元年(1868年)8月25日、黒髪を断ち、薙刀をかかえて衝鋒隊に加わった中野竹子は、城下にせまる長州・大垣藩の兵士とこの地で遭遇。激戦の中、敵の銃撃に会い壮烈な戦死をとげました。 享年22歳。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中野竹子像

中野竹子は幕末期の会津藩の女性。容姿端麗で聡明、薙刀は免許皆伝ほどの腕前であり、男勝りの女丈夫として知られていました。会津戦争に際して自主的に婦女隊として戦い、壮絶な戦死をしました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清水屋旅館跡

会津若松市の七日町通り、大東銀行会津支店がある場所が清水屋旅館跡。吉田松陰が東北紀行の途中に、また戊辰戦争の際には新選組副長土方歳三が宿泊した旅館で、明治には清水屋事件が起きている場所でもあります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上杉謙信公仮廟所跡

会津若松城内の西南の一画にある上杉謙信公の仮廟所跡。慶長3年(1598年)、上杉景勝は会津移封にともない、上杉謙信公の墓所も会津に移したとのことです。その後の慶長6年(1601年)、上杉景勝の米沢転封により、謙信公の遺骸も米沢城の本丸に移されたそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会津若松城

会津若松市ある城で、鶴ヶ城あるいは単に会津城とも呼ばれています。保科正之が23万石で入封以来、明治維新まで会津松平家の居城であり、戊辰戦争の際には1か月にも及ぶ激戦の舞台ともなりました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芦ノ牧温泉

福島県会津若松市にある温泉で、阿賀川を見下ろす高台に温泉街が広がり「会津芦ノ牧温泉」と呼ばれることも多いとのことです。開湯伝説では行基による発見ですが、弘法大師による発見説もあるそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戸の口堰洞穴

天保年間に会津平野の灌漑用水として猪苗代湖より通水した洞穴。戊辰戦争の折、 白虎隊が鶴ヶ城の情勢を確認するため、戸の口原から飯盛山に向かう途中、この洞穴を通ったとのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白虎隊の墓

福島県会津若松市の飯盛山山中にある白虎隊士19名の墓。戊辰戦争後、白虎隊士の埋葬は許可されず、密かに妙国寺に仮埋葬されていましたが、明治2年にようやく飯盛山の中腹に合葬が許されたとのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白虎隊自刃の地

若松城下に迫りつつある新政府軍を迎え撃つため、白虎隊二番隊は戸ノ口原に出陣。しかし決定的打撃を受け、飯盛山へと落ち延びてきた総勢20名は、飯盛山から城下の火災を目にし終にこの地で自刃を決行しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飯沼貞雄墓

会津若松市の飯盛山にある白虎隊の生存者、飯沼貞吉の墓。年齢を偽って白虎隊に参加し、飯盛山で他の十九士と共に自刃に及びましたが死に切れず、命を救われました。維新後は貞雄と改名し、77歳で生涯を終えました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松平容保弔歌の碑

会津若松市の飯盛山にある、松平容保が白虎隊に捧げた弔歌の碑。 「幾人の涙は石にそそぐともその名は世々に朽じとぞ思う」 源容保松平容保は、会津戦争の時の会津藩主でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戸ノ口原古戦場

慶応4年 (1868年)8月22日、新政府軍は母成峠の藩境を突破しさらに「戸ノ口十六橋」を占拠して、会津城下への侵入の動きを見せました。この地で新政府軍を迎え撃とうとした白虎隊も奮戦しましたが苦戦し、撤退を余儀なくされました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十六橋

日橋川に架かかり旧若松街道が通る橋で、猪苗代町と会津若松市を結ぶ橋。名前の由来は弘法大師が16の塚を作り橋を作ったとのことからだそうです。慶応4年(1868年)に会津戦争「十六橋の戦い」の舞台となった橋です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧二本松街道並木道

楊枝峠経由の若松城下と本宮宿を結ぶ街道の会津領内部分が二本松街道。明治25年(1892年)の新県道の開通により旧街道は衰退の一途をたどりましたが、この付近の松並木は街道跡として良好な状態を残しています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三忠碑

天正17年(1589年)に起こった摺上原の戦いで、主君の危急を救うために戦死した蘆名氏の家臣三名(金上盛備・佐瀬種常・佐瀬常雄)の忠誠心を後世に伝えるために、古戦場に建てられた石碑です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猪苗代城跡

猪苗代城は会津の猪苗代にあった城で、鶴ヶ城に対して亀ヶ城とも呼ばれていた城。江戸幕府の一国一城令発布の際もその例外として存続が認められ、藩主の保科正之の死後は正之墓所の守護という重要な役目も担ったとのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母成峠古戦場

慶応4年(1868年)8月21日に行われた母成峠の戦いの戦場跡。会津藩境の母成峠を守る旧幕府軍800が新政府軍2,200と戦いましたが、兵力及び兵器の差で勝てず旧幕府軍は敗走しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内藤四郎兵衛戦死之地碑

再建された二本松城箕輪門の手前に建つ内藤四郎兵衛戦死之地の碑。内藤四郎兵衛は戊辰戦争時の二本松城の大城代で、落城の際、城門を開き敵軍に切り込んで獅子奮迅の末、壮絶な最期を遂げたそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二本松少年隊像

二本松少年隊とは戊辰戦争に出陣した二本松藩の少年兵部隊のこと。本来は13歳以下は出陣不可でしたが、危急の措置として12歳の少年も出陣して戦死し、戊辰戦争における悲劇の一つとして知られています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丹羽和左衛門・安部井又之丞自尽の碑

戊辰戦争で、慶応4年(1868年)の7月に二本松城は落城しました。その際、丹羽和左衛門(城代)と安部井又之丞(勘定奉行)は共に自尽。その両人の供養碑が、天守台の近くに建てられています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二本松城

二本松城は福島県二本松市にある城で、日本100名城の一つ。戊辰戦争時には二本松藩と明治新政府軍との戦いの舞台ともなり、落城に際し、動員れた少年兵が犠牲となったことで知られています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more