テーマ:勝海舟

勝海舟像

勝海舟は幕末から明治時代初期にかけての武士(幕臣)で政治家。山岡鉄舟、高橋泥舟と共に「幕末の三舟」と呼ばれていて、墨田区区役所前に、今日の東京の発展の基礎を作った海舟の像が建てられています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝海舟断食之跡

万延元年(1860年)、米国渡航の壮挙に先立ち、勝海舟は東叶神社を訪れ、太平洋横断航海の平安について祈念し、併せて自己の精神的肉体的荷重等の克服を謀るため、この地で座禅を組み断食修行を行なったとのことです。    
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝福寺

下田市にある浄土真宗のお寺で、境内には唐人お吉のお墓があり、併設されている「唐人お吉記念館」には、お吉の写真や着物が展示されています。また、勝海舟と土佐藩主・山内容堂の、歴史的会談があった寺でもあります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洗足軒跡

洗足軒は東京都大田区南千束の洗足池近くにあった勝海舟の別邸。勝海舟は官軍との交渉のために本門寺へ行く途中、通りかかった洗足池の景色にひかれ、明治24年(1891年)、この地に別邸を建てたとのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

留魂祀(洗足池)

勝海舟と西郷隆盛は、洗足軒で日本の将来について歓談したそうです。その後、西郷の死を惜しんだ勝海舟は、追慕のため西郷の漢詩を建碑し、明治16年(1883年)には、西郷隆盛の魂魄を招祠した留魂祠を建立ました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝海舟墓

勝海舟は交渉のために官軍の本部の置かれていた池上本門寺に赴く途中、洗足池畔に憩い、その風景にうたれ、後に洗足池の畔に別荘を構えました。海舟の死後、遺言により、別荘裏の台地に葬られたと伝えられています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝海舟生誕地

勝海舟、幼名及び通称は麟太郎、諱は義邦、明治以降は改名して安芳。文政6年(1823年)1月30日、父小吉の実家である男谷家で生まれました。現在、跡地は墨田区立の「両国公園」になっています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more