テーマ:豊臣秀吉

家康・秀吉像

浜松城近くの元城町東照宮境内に建てられた徳川家康と豊臣秀吉の像。 秀吉は16歳前後の3年間、引間城主配下の松下氏に仕官して浜松で暮らし、家康はその後の引間城を拡張、後の浜松城の基礎を築きました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太閤塀

三十三間堂の南端、塩小路通に面してある築地塀で、豊臣秀吉によって寄進されたものだそうです。方広寺大仏殿が創建された時、蓮華王院も方広寺の境内に含まれたため、その工事に伴って築造されたとのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

圓徳院

京都市東山区にある臨済宗建仁寺派・高台寺の塔頭のひとつ。 豊臣秀吉の正室・北政所(高台院)が晩年の19年間に自身の本拠地と したことで知られるほか、一説にはその終焉の地ともいわれています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長浜城

天正元年(1573年)、浅井氏攻めの功績で羽柴秀吉が浅井氏の旧領であったこの地を信長から拝領して築城した城。この城は秀吉の最初の居城で、秀吉はそれまでの今浜という地名を長浜と改名し、秀吉の城下町経営の基礎を醸成した所です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黄金の茶室

金沢は金箔の全国生産量の99%、銀箔・洋金箔・上澄においては100% のシェアを誇りますが、「箔座本店」内には、豊臣秀吉の黄金の茶室をモデルにしたものが最高級の金箔を約4万枚使って再現されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高台寺

京都市東山区にある臨済宗建仁寺派のお寺で、詳しくは高台寿聖禅寺。豊臣秀吉の正室である北政所(高台院)が秀吉の冥福を祈るため建立したお寺で、秀吉と北政所を祀る霊廟としての性格をもったお寺です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

方広寺大仏殿石垣

豊臣秀吉は天正14年(1586年)に、松永久秀の焼き討ちにより焼損した奈良東大寺大仏に代わる大仏の造立を発願し、文禄4年(1595年)に京都東山に完成。方広寺から国立博物館西側にかけて、当時の大仏殿の石垣が残されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豊国神社

京都市東山区に鎮座する神号「豊国大明神」を下賜された豊臣秀吉を祀る神社。豊臣家滅亡とともに徳川家の命により廃絶となりましたが、のちに明治天皇の勅命により再興されたとのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長尾天満宮

京都市伏見区醍醐にある醍醐寺の奥に鎮座する天満宮。豊臣秀吉が醍醐寺の金堂を紀州から移築しようとしたところ、工事中に事故が続き、秀吉は道真の怨みを鎮めるために天満宮を創建したとのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

醍醐寺

京都市伏見区醍醐東大路町にある、真言宗醍醐派総本山のお寺で、古都京都の文化財として世界遺産に登録されています。豊臣秀吉による「醍醐の花見」の行われた地としても知られています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北野大茶湯之址

天正15年10月1日(1587年11月1日)に実施された大規模な茶会の址。豊臣秀吉が九州を平定した後、北野天満宮境内を会場にして開いたもの。当初は10日間の予定であったらしいですが、わずか1日で終了したそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more