テーマ:宝治合戦

法華堂跡

法華堂は源頼朝が聖観音像を本尊として建立した持仏堂。源頼朝は死後、持仏堂であった法華堂に葬られたと云われています。また、宝治合戦では、三浦泰村ら一族500名が自害したところでもあります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三浦一族の墓

頼朝の墓東方の山腹にあるやぐらが三浦一族の墓所と伝えられています。有力御家人三浦氏は執権北条氏と対立して、宝治元年(1247年)の宝治合戦で敗れ、三浦一族と与党500余名は自刃して果てたとのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more