小早川秀秋陣所跡

関ケ原を見下ろす松尾山にある小早川秀秋の陣地跡。 小早川秀秋は西軍として1万5千の兵を率いて松尾山に出陣しましたが、最終的には 家康の催促に応じて松尾山を下り、西軍の大谷吉継の陣へ攻めかかりました。
コメント:0

続きを読むread more

福島正則陣跡

東軍の先鋒で約6000の兵を率いた福島正則の陣地跡。福島正則は当日未明に春日神社辺りに着陣し、開戦後、宇喜多隊に襲いかかったそうです。 神社境内に立つ樹齢800年の大杉は関ケ原合戦屏風にも描かれています。
コメント:0

続きを読むread more

西首塚

関ケ原の戦いで戦死した兵士たちを埋葬したと伝わる塚で別名が胴塚。 塚の正面にある御堂には千手観音と馬頭観音が安置されているそうです。 東首塚は東軍関連、西首塚は西軍関連の首塚とする説もあります。
コメント:0

続きを読むread more

開戦地(関ケ原)

慶長5年(1600年)9月15日に行われた関ケ原の戦いの開戦地。 合戦当日の朝、松平・井伊隊が先峰の福島隊の脇を通り抜け、西軍の 宇喜多隊の前へ進出、遅れじと福島隊が一斉射撃を開始したとのことです。
コメント:0

続きを読むread more

小西行長陣所跡

石田三成の陣のあった笹尾山から約700m程南にある小西行長陣所跡。 北は北国街道、南は中山道を押さえる重要な場所で、開戦地はすぐ目の前。 開戦とともに北天満山から烽火をあげて味方に開戦の合図をしたそうです。
コメント:0

続きを読むread more

島津義弘陣地跡

笹尾山の石田三成の陣跡から南に500m程の処の島津義弘陣跡。 戦国の雄・島津軍千人を率いた義弘はここ小池村に陣をかまえ、西軍の 敗色が濃くなると、ここから決死の敵中突破を行い薩摩まで帰還しました。
コメント:0

続きを読むread more

徳川家康最後陣地跡

慶長5年(1600年)9月15日に行われた関ケ原の戦いの際、徳川家康は 桃配山から三成本陣の笹尾山のすぐ下のこの地に本陣を移動させました。 合戦終了後にはこの場で、討ち取ってきた敵の首級が実検されたそうです。
コメント:0

続きを読むread more

関ケ原決戦地

石田三成の陣があった笹尾山からすぐ近くにある関ケ原決戦地の碑。 西軍の敗色が濃くなるなか、石田三成の首を取ろうと攻める寄せる東軍と必死で応戦した西軍とが最大の激戦を繰り広げた場所と伝わっています。
コメント:0

続きを読むread more

石田三成陣所跡

慶長5年9月15日(1600年10月21日)の関ケ原の合戦において、 西軍の石田三成は関ケ原を見渡せる笹尾山の頂上に陣を置きました。 三成は当日の早朝に到着し、朝の5時頃には陣形を整えたとのことです。
コメント:0

続きを読むread more

島左近陣所跡

石田三成の陣した笹尾山の下にある三成第一の家臣、島左近の陣所跡。 島左近は「治部少に過ぎたるものが二つあり、島の左近と佐和山の城」と 謡われたほどの猛将でしたが、銃弾を受けて討ち死にしたと伝わっています。
コメント:0

続きを読むread more

大谷吉継陣所跡

大谷吉継は無謀とは知りながら、関ケ原の戦いでは西軍に属して参戦。 当初より小早川秀秋の裏切りを予想していたため、合戦が始まる1ヶ月も 前から松尾山の真正面のこの地に陣を作り始めたそうです。
コメント:0

続きを読むread more

大谷吉継墓

大谷吉継は戦国期から安土桃山時代にかけての武将で豊臣秀吉の家臣。 業病を患い失明の状態で関ヶ原の戦いに臨み、輿に乗って指揮して奮戦しましたが、 ついに敗戦すると家臣湯浅隆貞の介錯で切腹して果てたと伝わっています。
コメント:0

続きを読むread more

平塚為広の碑

平塚為広は豊臣秀頼に仕えた武将で、関ヶ原合戦の直前には大谷吉継と共に佐和山城で石田三成に諫言しました。しかし説得は失敗し、西軍に与することとなり、関ヶ原本戦では大谷吉継軍に属して奮戦しましたが討死にをしました。
コメント:0

続きを読むread more

春王・安王墓

岐阜県不破郡垂井町にある足利春王丸、足利安王丸の兄弟の墓。兄弟は京へ護送されていく途中、足利義教の命令により美濃国垂井宿の金蓮寺で殺害されましたが、墓は金蓮寺より西方約500ⅿの所にあります。
コメント:0

続きを読むread more

大炊家墓

岐阜県大垣市青墓町の源朝長の墓のすぐ側に大炊家の墓があります。 青墓の長者の大炊兼遠の娘延寿は源義朝の側室であり、平治の乱で敗れた源義朝は、大炊氏を頼って青墓まで落ち延びてきました。
コメント:0

続きを読むread more

源朝長墓

源朝長は平治の乱で敗れ、父や兄弟達とともに東国へ落ちる途中、美濃国青墓宿で傷が悪化し、父の義朝に頼んで殺害してもらったと伝わっています。 右が父源義朝、真中が兄源義平、左が源朝長のお墓です。
コメント:0

続きを読むread more

兜塚

関ケ原合戦の前日の慶長5年9月14日(1600年10月20日)に発生した、 関ケ原合戦の前哨戦である杭瀬川の戦いで戦死した東軍、中村隊の武将、 野一色頼母を葬り、その鎧兜を埋めたと伝えられている場所です。
コメント:0

続きを読むread more

岡山本陣跡

関ケ原の合戦の前日に徳川家康が本陣を置いた処で、この日、 大垣城にいた石田三成との間で杭瀬川の戦いが起こりました。 この後、徳川家康はここから西方の関ケ原の桃配山に陣を移していきました。
コメント:0

続きを読むread more

御首神社

岐阜県大垣市荒尾町に鎮座する平将門公の御神霊を祭神とする神社。 京で晒し首にされていた平将門の首が関東へ戻ろうと飛び立ちましたが、 途中で射落とされ、その首が落ちたところに創建されたと伝わっています。
コメント:0

続きを読むread more

日吉神社

岐阜県大垣市の大垣城から北西に約2kmのところに鎮座する神社。 すぐ近くに杭瀬川が流れ、慶長5年9月14日(1600年10月20日)に、 関ケ原合戦の前哨戦である杭瀬川の戦いの行われた場所とされています。
コメント:0

続きを読むread more

大垣城

現在の岐阜県大垣市にあった城で、麋城、巨鹿城とも呼ばれていたそうです。 関ヶ原の戦いの際には城主であった伊藤盛宗が西軍に属したため、 石田三成が入城し西軍の拠点となりましたが、西軍の敗戦後に落城しました。
コメント:0

続きを読むread more

戸田氏鉄騎馬像

戸田氏鉄は徳川家康の近習として仕え、関ヶ原の戦いにも従軍した武将。 寛永12年(1635年)に美濃大垣10万石へ移封され、美濃大垣藩初代藩主となりました。現在の大垣市大垣公園(大垣城跡)に戸田氏鉄の騎馬像が建てられています。
コメント:0

続きを読むread more

浄瀧寺

横浜市神奈川区幸ケ谷にある日蓮宗のお寺で、山号は妙湖山。日蓮聖人に感服した妙湖尼が、自分の庵を法華経の道場にしたのが始まりとのこと。幕末の横浜開港時にはイギリス領事館に充てられました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成仏寺

横浜市神奈川区にある浄土宗の寺院。山号は正覚山で院号は法雨院。横浜開港の際に本堂が外国人宣教師の宿舎になり、ヘボン博士、宣教師のブラウンやバラーなどが滞在したそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笠のぎ稲荷神社

天慶年間(938年~947年)の草創と伝わる横浜市神奈川区東神奈川に鎮座する神社。蒙古の来襲の際には、鎌倉の執権北条時宗が菊一の銘刀と神鈴を神前に奉納して国家の安泰を祈ったとのことです。
コメント:0

続きを読むread more

生麦事件碑

文久2年(1862年)8月21日、騎乗の英国人4人が島津久光の行列を乱し、 行列の警護にあたっていた薩摩藩士が抜刀してこの4人に斬りつけました。 英国人リチャードソンが落馬してとどめを刺された現場近くに碑が建てられています。
コメント:0

続きを読むread more

生麦事件現場

文久2年(1862年)8月21日に起こった生麦事件の現場。島津藩主の父島津久光の400人の行列と騎乗の英国人4人がここで遭遇。行列を乱したとして薩摩藩士が英国人に斬りかかり1人を殺害しました。薩英戦争の原因となった事件です。
コメント:0

続きを読むread more

ヘンリ・スペンサー・パーマー像

ヘンリー・S・パーマーは日本初の近代的水道である横浜水道を完成させた英国陸軍の工兵少将。 明治18年(1885年)に来日し、道志川を水源として野毛山配水池に至る総延長48kmの横浜水道を2年に及ぶ工事で完成させました。野毛山公園の近代水道発祥の地の記念碑と共にパーマーの像が建てられています。
コメント:0

続きを読むread more

桜木町駅

明治5年(1872年)、日本初の鉄道が開通した当時の横浜駅がこの駅。 その後、東海道線の延伸により「横浜駅」の名称は現在の横浜駅の ものとなり、この駅の名は「桜木町駅」と改められました。
コメント:0

続きを読むread more

富士塚(鶴見神社)

富士塚は富士信仰に基づき、富士山に模して造営された人工の山や塚のこと。 江戸時代には一般的に「お富士さん」などと呼ばれ親しまれていたそうです。 横浜市鶴見区に鎮座する鶴見神社の境内にも富士塚が残されています。
コメント:0

続きを読むread more

信楽茶屋跡

信楽茶屋は東海道の立場として栄えた鶴見村の中で最も大きな茶店でした。 「江戸名所図絵」にも描かれ、竹皮に包んだ梅干が好評だったとのことです。 立場とは宿と宿との間の休憩場で、茶屋や売店が設けられていた処のことです。
コメント:0

続きを読むread more

鶴見橋関門旧跡

文久2年(1862年)の生麦事件後、幕府は攘夷派浪士の取り締まり強化のために、川崎宿から保土ケ谷宿の間に20か所の見張り番所を設置し、 鶴見橋(現鶴見川橋)には5番目の番所が設けられました。
コメント:0

続きを読むread more

市場一里塚

お江戸日本橋から5番目、つまり5里のところにあった一里塚。一里塚には 榎などの木が植えられ、木陰で旅人が休息を取れるような配慮があったそうです。また、 その樹木の根は塚の崩壊を防ぐ役割も持っていたとのことです。
コメント:0

続きを読むread more

横浜熊野神社

横浜市鶴見区の旧東海道沿いにある神社。社伝によれば、嵯峨天皇の御宇、紀州熊野別当尊慶の勧請とのこと。徳川家康が江戸入国の 際にこの神社に立ち寄り、天下泰平、国家安穏、武運長久を祈念したと伝わっているそうです。
コメント:0

続きを読むread more

慰霊塔(八丁畷)

川崎市の京急八丁畷駅の直ぐ傍にある昭和9年(1934年)に建てられた慰霊塔。 八丁畷の付近では江戸時代から多くの人骨が発見されていますが、災害で 亡くなった身元不明の人々のものと思われ、ここに慰霊塔が建てられました。
コメント:0

続きを読むread more

尚古集成館

慶應元年(1865年)完成の薩摩藩の近代機械工場。オランダやイギリスから輸入した機械や道具を使って蒸気機関を用い、金属加工や船舶装備品など様々な部品をこの工場から作り出していきました。世界遺産にも登録され、現在は島津家に関する史料や薩摩切子、薩摩焼など展示する博物館になっています。
コメント:0

続きを読むread more

磯御殿

鹿児島市吉野町字磯にある仙巌園は薩摩藩主島津氏の別邸跡。別名を磯庭園とも呼ばれているこの庭園は、昭和33年(1958年)に国の名勝に指定されました。磯御殿は仙巌園の中心的な建物です。
コメント:0

続きを読むread more

反射炉跡

鹿児島市の仙巌園内にある幕末に薩摩藩が造った反射炉跡と炉の模型。 鉄の精錬には反射炉が必要で、島津斉彬がつくらせたこのこの炉で 鉄製150ポンド砲も製造することができました。
コメント:0

続きを読むread more

やすらかに

南九州市の知覧特攻平和会館の敷地内に「とこしえに」と向かい合うようにして建つ母の像。 この地から出撃していった若い特攻隊員が、 出撃の瞬間まで求めたであろう母の姿がここにあります。
コメント:0

続きを読むread more

とこしえに

南九州市にある知覧特攻平和会館の敷地内に建つ特攻隊員の像。 知覧からは陸軍関連の総出撃者1,036人のうち、全体の4割程 にあたる402人が出撃した行ったそうです。
コメント:0

続きを読むread more