源義経首洗井

 
源義経は、文治5年(1189年)、奥州平泉衣川高舘で自害し、その首は鎌倉
に送られ、腰越の浦で首実検されたとのことです。その後、その首は浜に捨て
られ、ここに流れ着き、里人がこの井戸で洗い清めたと伝わっています。


画像






 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック