助郷会所跡(程ヶ谷宿)

 
助郷とは、江戸時代に、幕府が諸街道の宿場の保護、および、人足や馬の
補充を目的として、宿場周辺の村落に課した夫役のこと言うとのことです。
初めは臨時の人馬徴発でしたが、後に助郷制度として恒常化したそうです。


画像






 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック