一幡袖塚

 
鎌倉の妙本寺にある、焼け跡の中から僅かに見つかったという袖を祀る塚。
一幡は二代将軍源頼家の息子で、将来の将軍候補でしたが、北条氏の軍
勢に攻められて、屋敷のあったこの地で焼死したと伝わっています。


画像






 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック