テーマ:国分寺

相模国分寺跡

天平13年(741年)、聖武天皇の詔により全国に国分寺が造られましたが、 相模国分寺もその一つで、主要伽藍配置は法隆寺と同じだそうです。大正10年(1921年)に、全国の国分寺跡としては初の史跡に指定されました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆川跡

逆川は相模国分寺建立の資材を運ぶためにつくられた、目久尻川から水を引いた運河で あったと考えられています。国分付近では南から北へ、目久尻川流域でも低地である南から台地上の北へ流れていたことから「逆川」と呼ばれていたそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

常陸国分寺

茨城県石岡市府中にある真言宗智山派のお寺で、奈良時代に聖武天皇の詔により日本各地に建立された国分寺のうち、常陸国国分寺の後継寺院。現国分寺の寺域は創建時の国分寺跡の遺構上に位置しているそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

常陸国分尼寺跡

国分尼寺は国分寺と同様に天平13年(741年)の聖武天皇の詔によって68の国ごとに建立されたもので、そのうちの一つが常陸国分尼寺です。現在、史跡公園として整備が進められ、市民の憩いの場所となっています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more