テーマ:千鶴丸

丹後山神明社

横浜市戸塚区上矢部町に鎮座し天照大御神をご祭神とする神社。源頼朝の愛人丹後局がこの社の境内で出産し、その後、丹後局がこの地に住んだとの伝承があり、それが丹後山の地名の由来になっているそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島津忠久墓

鎌倉の源頼朝の墓の裏手の山腹にある3つ並ぶやぐらの中の一つ。島津忠久は鎌倉幕府御家人で島津氏の祖。正式には惟宗忠久。島津家に伝わる史料では、忠久は頼朝の落胤(隠し子)となっているようです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡橋

  静岡県伊東市の市街地を流れる松川に架かる橋で、この橋を渡って源頼朝 が音無の森に行き、八重姫と密会をしていたと伝わっています。橋の欄干に は、源頼朝と八重姫が手と手をとり合う姿が描かれています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音無神社

静岡県伊東市に鎮座する豊玉姫命をご祭神とする神社。伊豆国の蛭ヶ小島に流された源頼朝が、伊東祐親の娘八重姫と恋仲になり、愛し合う二人が密かに会っていた場所がこの神社だと伝わっています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おとどいの橘

源頼朝と伊東祐親の娘八重姫との子の千鶴丸は、祐親の家来によって松川の上流の稚児ヶ淵に重石をつけて沈められてしまいました。その時、家来が千鶴丸に握らせたのがこの橘の木の枝と伝わっています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

産衣石

源頼朝と八重姫の児の千鶴丸は伊東の八代田の川(稚児ヶ淵)に石をつけて沈められてしまいましたが、その後、富戸の海岸に流れ着きました。地元の漁師がその遺体をこの石の上に安置して懇ろに葬ったとのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富戸三島神社の橘

源頼朝と八重姫の子である千鶴丸が伊東の稚児ヶ渕に重石をつけて沈められるときに、火牟須比神社(鎌田神社)の境内にあった橘の小枝を両方の手に握らされたと伝わっています。その橘の小枝がこの神社の社前に植えられ、見事に根付き成長したそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more