テーマ:戸塚宿

戸塚宿上方見附跡

横浜市戸塚区の富塚八幡宮から西に200m程のところに碑があります。見付は主要な街道の宿場の出入り口にある構造物で、一般に江戸側の出入り口にある方を江戸見付、京側にある方を上方見付と呼んでいました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戸塚宿澤辺本陣跡

戸塚宿は東海道五十三次の5番目の宿場で、日本橋からの旅程がちょうど一泊目にあたり、旅籠数が五十三次中、小田原宿に次ぐ規模だったそうです。戸塚宿の本陣には澤辺・内田の二軒があったとのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脇本陣跡(戸塚宿)

横浜市戸塚区戸塚町、国道1号線(旧東海道)沿いにある戸塚宿の脇本陣跡。 戸塚宿には3軒の脇本陣があり、本陣に差し支えがあったとき等に利用されていたそうです。大名等の宿泊が無い時は一般旅客も宿泊できたとのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大橋

横浜市戸塚区の柏尾川に架かり、国道1号線(旧東海道)が通る橋で、通称 「吉田大橋」とも呼ばれているそうです。歌川広重の東海道五十三次絵の戸塚「元町別道」にも描かれている歴史のある橋です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸方見付(戸塚宿)

戸塚宿は日本橋から数えて5番目、約42kmのところにあった宿場町。見付とは宿場の出入り口のことで、江戸側の出入り口が江戸方見付と呼ばれていました。戸塚宿はここから西の方に約2.3kmが宿場の範囲でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more