テーマ:池田屋騒動

前川家(壬生)

  文久3年(1863年)から2年間、新選組の屯所となった京都の壬生にある家 で、池田屋事件の端緒となった古高俊太郎の拷問はここの土蔵で行われた とのことです。現在は個人の住宅のため、内部は一般公開されていません。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八木家(壬生)

  文久3年春、江戸から京に入った浪士隊が宿営した京都壬生村の郷士の家。 その後分裂した浪士隊の一部が新撰組を結成し、この八木家を屯所としまし た。内部抗争で芹澤鴨が暗殺された部屋とその時の刀傷が残されています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池田屋跡

  池田屋は、京都三条木屋町(三条小橋)にあった旅館で、池田屋事件の現場。 元治元年(1864年)6月5日、池田屋で会合をしていた長州藩・土佐藩などの 尊王攘夷派志士を、新選組が襲撃したのが池田屋事件です。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祇園会所跡

  京都の八坂神社前にあった祇園会所の跡で、攘夷派浪士の取締りを実施 するにあたり、新撰組隊士と会津藩士の集合場所としていた所。池田屋事 件の時も、新選組はここから出動していったとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池田屋事件殉難者墓

  幕末の元治元年6月5日(1864年7月8日)に、京都三条木屋町の旅館、 池田屋に新選組が討ち入り、勤王の志士たちに多くの犠牲者が出ました。 京都東山の霊山墓地に、池田屋事件殉難者の墓碑が並んでいます。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古高俊太郎邸跡

  古高俊太郎は近江国出身の幕末における尊王攘夷派志士。古道具商 枡谷喜右衛門を名乗り、情報収集と武器調達にあたりましたが、新選組 に捕縛され、厳しい拷問の末自白し、池田屋事件へとつながりました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more