テーマ:衣笠城合戦

満昌寺

建久5年(1194年)、三浦大介義明を開基として源頼朝が建立してお寺。 三浦義明は源頼朝挙兵の際、衣笠城で最期まで戦った功労者で、本堂前 には「頼朝手向けの杜鵑花」と伝わるサツキがあります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御霊神社(満昌寺)

横須賀市の満昌寺境内にある三浦義明を祀る神社。国の重要文化財に指定されている三浦義明坐像が祀られ、背後には三浦義明公のものとされる廟所があります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頼朝手植えの躑躅

横須賀市大矢部にある満昌寺は、源頼朝の挙兵時に衣笠城合戦で討死にをした三浦義明の菩提を弔うために、頼朝が建立したお寺です。その満昌寺の境内に、頼朝手植えと伝わる躑躅があります。    
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衣笠城址

衣笠城は現在の神奈川県横須賀市衣笠町にあった城で、三浦半島中央部に立地し、三浦半島に勢力を張った三浦氏の本拠地であった城。頼朝の挙兵時に、平家方の畠山重忠に攻められて落城しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more