テーマ:宮本武蔵

神楽殿(三峯神社)

埼玉県秩父市の三峯神社の境内、拝殿近くにある神楽殿。 三峯の神楽は、霧の流れる境内にひびく笛と太鼓の調和よく、その巧妙な 撥さばきによって、彼の宮本武蔵が二刀流を開眼したと伝えられるものです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三十三間堂

京都市東山区にある国宝に指定されている仏堂で、正式名称は蓮華王院本堂。堂内中央に鎌倉時代の仏師湛慶作の本尊千手観音坐像が安置され、 その左右と背後に計1001体の千手観音立像が並んでいます。また、宮本武蔵と吉岡伝七郎の決闘の場であったとも伝わっています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上品蓮台寺

平安京三大葬送地「鳥辺野」「蓮台野」「化野」の中の一つ、蓮台野跡に建つお寺で、聖徳太子が母の菩提寺として開基したと伝えられています。 また、宮本武蔵が吉岡清十郎と決闘をした場所が蓮台野という設定です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇喜多秀家陣所跡

関ケ原合戦において、西軍副大将の宇喜多秀家は西軍最大の17000 の兵でこの地に陣を置き、東軍の福島勢との激突から戦いは始まりました。 宮本武蔵が奮戦したのもこの辺りといわれています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八大神社

京都市左京区一乗寺松原町に鎮座する神社。一乗寺下り松で吉岡一門数十人との決闘を前にした宮本武蔵が当社で神頼みををしようとしましたが、神仏に頼ろうとした自分の弱さに気づき、寸前にやめたという逸話も残っています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮本武蔵像

宮本武蔵は江戸初期の剣術家、兵法家で二刀を用いる二天一流の開祖。京都の兵法家・吉岡一門との一乗寺下り松での戦いや、佐々木小次郎との巌流島での決闘等が、演劇、小説、様々な映像作品の題材になっています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下り松古木

京都市左京区に鎮座する八大神社境内に残る一乗寺下り松の古木。宮本武蔵の決闘の時代の前から昭和20年頃まで生きた一乗寺下り松の大木の一部が、神社境内の本殿の西側に大切に祀られています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一乗寺下り松

京都市左京区一乗寺花ノ木町、曼殊院道と狸谷不動明王道の分岐点にある旅人の目印となってきた松で、現在の松は4代目とのこと。宮本武蔵が吉岡一門数十人と決闘を行った伝説の地としても有名です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮本武蔵佩刀

秦野市の鶴巻温泉にある陣屋旅館所蔵の刀剣。宮本武蔵に縁の深い九州の細川家上士として仕えた寺尾家伝来の刀で、脇差の銘文には「新免武蔵之介帯之」と刻まれているとのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more