テーマ:石橋山

箱根神社

箱根の芦ノ湖畔にある神社で、湖の中にある朱塗りの鳥居が有名です。ご祭神は、ニニギノミコト、コノハナサクヤヒメ、ヒコホホデノミコトの三神。古くから、交通安全・心願成就・開運厄除の神様として信仰されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士塚城址

横浜市泉区下飯田の富士塚公園に「富士塚城址」の碑が建てられています。飯田五郎家義の館があったとされているところで、飯田家義は石橋山の合戦で、大庭景親に従いながらも頼朝の危機を救ったと伝わっています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土肥の大杉跡

足柄下郡湯河原町鍛冶屋(地名)、大観山近くの山中にある杉の巨木の跡。石橋山の合戦で敗れた源頼朝以下7名が平家の追っ手から逃れるために大杉の空洞に隠れ、発見した梶原景時が頼朝を見逃したと伝わる場所。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土肥実平像

神奈川県足柄下郡湯河原町のJR湯河原駅前に建つ土肥実平夫妻の像。石橋山で敗れた頼朝が僅か7・8騎で逃亡した際に実平も加わっていて、実平の働きで真鶴から房総半島へと脱出することができたと伝わっています。   
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋戸郷跡

治承4年(1180年)、源頼朝は石橋山合戦に敗れて安房に逃れ、その間、北条政子は、平家の手から逃れるため、秋戸郷で隠れていたとのことです。その後、頼朝は鎌倉に入り、政子は秋戸郷から鎌倉へと向かったそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しとどの窟(湯河原)

石橋山の戦いで惨敗した源頼朝は、やっとの思いで戦場を離脱して、山中を彷徨い、主従七騎でこの洞窟に潜んでいたとのことです。梶原景時が、頼朝一行を見逃したところとされています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

源頼朝開帆碑

治承4年(1180年)、石橋山の合戦に敗れた源頼朝が、房州に逃亡する際に船出したと伝えられるのが岩海岸で、「源頼朝開帆碑」が建てられています。頼朝が此処から無事に船出できたことが、その後の歴史を大きく変えました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鵐窟(真鶴)

治承4年(1180年)8月、源頼朝は石橋山で大敗し戦場から辛うじて脱出。真鶴半島から安房へ逃れようとしたときに身を隠したのがこの窟とのこと。頼朝が窟に入ろうとした時、しとど(鵐)が舞出たことからの命名だそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石橋山

治承4年(1180年)、伊豆の韮山で挙兵した源頼朝軍は追討軍の大庭景親、伊東祐親軍に石橋山で包囲され合戦となりました。多勢に無勢の頼朝軍は壊滅し、頼朝は真鶴岬から安房へと逃亡しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more