テーマ:城郭

富士塚城址

  横浜市泉区下飯田の富士塚公園に「富士塚城址」の碑が建っています。 飯田五郎家義の館があったとされているところで、飯田家義は、石橋山の 合戦で、大庭景親に従いながらも、頼朝の危機を救ったと伝わっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

龍岡城東通用門

龍岡城は慶応3年(1867年)、龍岡藩主・松平乗謨によって佐久に築かれ た星形の城郭で、函館の五稜郭と並び、日本に2つしかない五稜郭です。 東通用門が参道にぴんころ地蔵のある成田山薬師寺に移築されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伴野城跡

長野県佐久市野沢にある鎌倉時代以来の伴野氏の館跡、後の野沢城の本丸にあたる地域で、周囲には堀の名残と思われる水路が巡っています。 水路と共に土塁跡でも囲まれた平地は、現在は城山公園として整備されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小諸城

  武田信玄の東信州経営のために縄張りされた城で、酔月城、穴城、白鶴城、 鍋蓋城、などの別名を持ち、日本100名城の28番に選定されています。 現在は、市営公園小諸城祉懐古園として整備されています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観音寺

長野県長野市篠ノ井横田にある真言宗豊山派のお寺。 横田河原の合戦や大塔合戦の頃は、千曲川岸の近くにあり自然堤防上に位置するこの辺りに「横田砦」が存在したとする説があるそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石崎遺跡

秋田県南秋田郡五城目町の田圃の中にある古代の最北の城柵跡。 奈良・京都を中心とする朝廷の出先機関と考えられ、出羽北部の秋田方面で重要な軍事的・政治的役割を果たしていた施設と考えられているそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彦根城

江戸時代初期に井伊直勝が築城し、幕末まで井伊家14代の居城だった城。 井伊家からは5代6度にわたり大老が輩出され、井伊直弼もその一人でした。 天守閣は現存12天守の一つで、国宝に指定されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長浜城

天正元年(1573年)、浅井氏攻めの功績で羽柴秀吉が浅井氏の旧領であったこの地を信長から拝領して築城した城。この城は秀吉の最初の居城で、秀吉はそれまでの今浜という地名を長浜と改名し、秀吉の城下町経営の基礎を醸成した所です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小谷城跡

小谷城は長浜市湖北町伊部(旧・近江国浅井郡)にあった戦国時代の城。 戦国大名浅井氏3代の居城であり、堅固な山城として知られていました。しかし、織田信長に攻められて、天正元年(1573年)9月1日についに落城し、浅井氏は滅亡しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

龍岡城址

元治元年(1864年)築城開始、慶応3年(1867年)完成の西洋式城郭。 函館五稜郭と同じく五芒星形の城で、龍岡五稜郭とも呼ばれています。 城跡は現在、佐久市立田口小学校として利用されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊治城跡

奈良時代の神護景雲元年(767年)に大和朝廷により造営された城柵跡。 蝦夷の指導者であった伊治呰麻呂は宝亀11年(780年)、この城柵で 反乱を起こし、多賀城まで攻め込んで多賀城を焼き払ったととのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

志波城跡

志波城は征夷大将軍坂上田村麻呂が造営した古代城柵。 延暦22年(803年)の造営で、陸奥国の最北端の城柵となりました。 現在は、志波城古代公園として整備されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徳丹城跡

徳丹城は現在の岩手県紫波郡矢巾にあった古代の城柵。 この地域には志波城がありましたが、水害を理由に徳丹城が造営されたとのこと。 弘仁3年(812年)の造営で、律令制最後の城柵だそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城生冊跡

宮城県加美町城生にある奈良時代の遺跡。 八脚門跡などが確認されていることから、官衙の跡ということは確実で、 律令国家による東北地方支配の拠点の一つとみられるているそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

那古野城跡

現在の名古屋城のある処に今川氏親が築城した城で、 織田信秀がこの城を奪い古渡城に移るまでの居城としていたとのことです。また、 織田信長はここで生まれて清須に移るまで、ここを居城としていたそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋城

姫路城、熊本城とともに日本三名城に数えられている城で「尾張名古屋は 城で持つ」といわれています。織田信長誕生の城と云われる那古野城跡に徳川家康が築城しました。現在、本丸御殿の復元工事中です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

唐沢山城跡

唐沢山城は藤原秀郷が築城したと伝わる山城で、関東七名城の一つ。 唐沢山(247m)の上にあり、関東一の山城とも称されていて、戦国時 代には上杉謙信の10度に及ぶ攻撃を撃退したと伝わっています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇都宮城

平安時代に藤原秀郷あるいは藤原宗円が築城したと伝わる城。江戸時代初期 の宇都宮城釣天井事件の舞台として知られ、また幕末には、戊辰戦争で攻 防戦の舞台ともなった所です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松江城

関ヶ原の戦いで戦功のあった堀尾氏が月山富田城からここに築城して移転。 江戸時代初期構造の天守閣が現存していて、国宝に指定予定とのことです。 周囲には城下町の風情を留める街並みも残されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福山城

大坂夏の陣のあと、西国有力大名への抑えとして築城された城。久松城、 葦陽城とも呼ばれ、日本100名城にも選定されています。幕末には幕府側の重要拠点であったため、新政府軍から攻撃されました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天空の白鷺

姫路城は平成21年(2009年)6月から平成27年(2015年)3月までの工期 で平成の修理が行われ、工期中は「天空の白鷺」と名付けられた大天守を覆っ ている素屋根の施設から大天守上層部の修復作業の見学ができました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小山城跡

小山城は栃木県小山市(下野国都賀郡小山)にあった城で、別名は祇園城。 鎌倉時代には下野国守護を務めた小山氏の主要な居城でしたが、 関ケ原の合戦後の、元和5年(1619年)、小山城は廃城になりました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高知城

慶長8年(1603年)に山之内一豊が築城した城。天守閣は山之内一豊の 前任地である掛川城の天守閣を模したと云われ、また、本丸の建物が完全 に残っている唯一の城として知られています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松山城

関ヶ原の合戦後の慶長7年(1602年)に、加藤嘉明が築城を開始した城。 各地の松山城と区別するため伊予松山城とも呼ばれ、金亀城、勝山城とも。 日本12現存天守閣の一つで、日本三大平山城にも数えられています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深見城跡

境川沿いの台地上にある大和市内で最も保存状態の良い中世の城跡。築城、 廃城期は不明ですが、16世紀、戦国時代の築城らしいとのことです。城主につ いては隣接する瀬谷の領主山田伊賀守経光などの説があるそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金沢城

江戸時代に加賀百万石、前田家の居城だった城。ここは元、加賀一向一揆 の拠点であった尾山御坊(御山御坊)のあった所で、それを佐久間盛政が攻 め落とし、その後、前田利家が城主となりました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金沢城

江戸時代に加賀百万石、前田家の居城だった城。ここは元、加賀一向一揆 の拠点であった尾山御坊(御山御坊)のあった所で、それを佐久間盛政が攻 め落とし、その後、前田利家が城主となりました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妙立寺

加賀藩第三代藩主前田利常が創建した日蓮宗の寺院。 金沢城の出城としての要塞の機能を備えた妙立寺は、複雑な建築構造と 外敵を欺く仕掛けから忍者寺とも呼ばれています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高島城

長野県の諏訪湖畔にあり諏訪の浮城とも呼ばれる日本三大湖城の一つ。文禄元年 (1592年)から慶長3年(1598年)にかけて日根野高吉が築城。江戸時代 には諏訪藩の政庁でもあり藩主の居所でもあったそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

枡形城跡

建久年間に稲毛三郎重成により築城されたと伝わる城。稲毛三郎重成の 妻は源頼朝の正室である北条政子の妹。戦国時代以降は廃城となり、現在は公園として整備されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more