テーマ:新羅三郎

新羅三郎手玉石

  新羅三郎は源頼義の三男、源義家の弟で、近江国の新羅明神(大津三井 寺新羅善神堂)で元服したことから新羅三郎と称したとのこと。新羅三郎が 勧請した鎌倉の八雲神社に「新羅三郎手玉石」なる石があります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八雲神社

  鎌倉の大町にある、1083年創建の鎌倉最古と云われている厄除け神社。 源義家の弟・源義光が京都の祇園社から祭神を分霊して祀り祈願したところ、 疫病が鎮まり、厄除け開運の神社として知られるようになったとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新羅三郎笛吹石

後三年の役の際、兄の源義家が奥州で苦戦していると伝え聞いた源義光(新羅三郎)は、数十騎の兵をつれて加勢に向かいました。その途中、足柄峠で露営した新羅三郎は、仲秋名月の夜、この場所で豊原時秋に笙の奥義を伝えたとのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新羅三郎墓

鎌倉市大町の大宝寺境内にある新羅三郎の墓と伝わる宝塔。新羅三郎とは、源義家の弟の源義光のことですが、近江国の新羅明神で元服したことから新羅三郎と称したそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more