テーマ:鎌倉幕府

若宮大路幕府跡

  鎌倉幕府は当初、大蔵の地に置かれましたが、その後宇津宮辻に移動。 さらに、嘉禎2年(1236年)に若宮大路御所に移されました。そして、 元弘3年(1333年)、鎌倉幕府はついに、この地で終焉を迎えました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝戒寺

  神奈川県鎌倉市にある天台宗の寺で、「萩の寺」として知られています。 歴代の鎌倉幕府執権の屋敷跡で、鎌倉幕府滅亡後、北条高時慰霊のた め、後醍醐天皇がその屋敷跡に建立したと伝わっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西御門跡

  源頼朝の館は、鶴岡八幡宮の東側にあり、大蔵御所と呼ばれていました。 政務もここで行われ、幕府の所在地として、大蔵幕府とも呼ばれています。 大蔵御所には四方に門があり、西御門の跡に碑が建てられています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇都宮辻幕府跡

源頼朝は鎌倉に幕府を開きましたが、そこは大倉幕府と呼ばれています。嘉禄元年(1225年)、北条政子が亡くなると、幕府は宇津宮辻子に移転。現在、宇都宮辻子幕府跡には、宇津宮稲荷が祀られていています。   
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政所跡

政所は、親王、三位以上の公家の家政を担当する機関のこと。鎌倉幕府では、源頼朝が従二位へ昇格したことにより公文所から改称されました。八幡宮三の鳥居の東側の建物の塀に、政所跡のプレート表示があります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大蔵幕府跡

治承4年(1180年)、鎌倉入りした源頼朝が館を構えたのが八幡宮の東側。大倉御所と呼ばれた此処で、46年の間、鎌倉幕府の政治が行われました。嘉禄元年(1225年)、幕府は宇都(津)宮辻子へと移されていきました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more