テーマ:神話

日本武尊像

日本武尊は東征の途中、甲斐の国酒折宮より雁坂峠を越えて三峰山に登りました。そして、遥かに国中の地理を見渡し神威の擁護を願い、仮宮を造営してイザナギノ尊、イザナミノ尊を祀ったことが、三峰神社の始まりだそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神櫛王墓

「日本書紀」によれば、神櫛王は第12代景行天皇と妃の五十河媛との間に生まれた皇子で、「古事記」では、景行天皇と針間之伊那毘能大郎女との間に生まれた皇子とされています。伝説によると、讃岐入りして瀬戸内の悪魚退治を行い、同地に留まり仲哀天皇8年9月15日に125歳で薨去したとのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

走水神社

日本武尊、弟橘媛を主祭神とする横須賀市走水に鎮座する神社。日本武尊が東征の途上に当地から浦賀水道を渡る際、自分の冠を村人に与え、村人がこの冠を石櫃へ納め土中に埋めて社を建てたのが始まりとのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旗山崎公園

この地は日本武尊が東征の際に御旗を立てたことから「旗崎山」と呼ばれ、現在は公園になっています。また、 この岬に御所を構えたことから、岬全体は「御所ヶ崎」と呼ばれています。 明治時代に建設された「走水低砲台」の遺構の多くが現存してる処でもあります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霧島神宮

天孫降臨の霊峰高千穂峰の麓である鹿児島県霧島市に鎮座する天饒石国饒石天津日高彦火瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)を主祭神とする神社。 坂本龍馬が日本初と云われる新婚旅行で訪れたことでも知られています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出雲大社

島根県出雲市に鎮座する主祭神を大国主大神とする神社。 古事記によると、大国主神が国譲りに応じる条件として壮大な社の造営を 望んだため、この出雲の多芸志の浜に「天之御舎」が造られたとのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大国主命像

島根県出雲市の出雲大社境内にある大国主命の像。 大国主命は「古事記」「日本書紀」に登場する日本神話の神で、国造りの神、 農業神、商業神、医療神、また、縁結びの神としても信仰されています。出雲大社のご祭神でもあります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神功皇后釣竿の竹

生田神社境内にある竹で、神功皇后が三韓征伐の帰途に使った釣り竿をこの地にさしたのが根付いた竹とのことです。また、武蔵坊弁慶が源義経の代理として生田神社に参拝した際に奉納した竹とも伝えられています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

船形石

京都の北、貴船神社の奥宮本殿の西側にある船の形をした石組み。貴船神社創建伝説によると、神武天皇の皇母・玉依姫命が乗ってきた黄船を、人の目にふれぬように包み隠したといわれる石積み遺構です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天の磐舟

京都の北、貴船神社の奥の院に向かう途中にある見事な船形の自然石。古くは「船」は唯一の交通機関であり、人と人、文化と文化を結びつけるという大切な役割を担うことから、縁結びの信仰と深い関わりがあるそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御旗塚

京都市伏見区深草に鎮座する藤森神社の境内にある大木の切り株で、神功皇后が三韓征伐の凱旋後、軍旗を立てて祭った塚と伝わっています。参拝すると腰痛が治ると云われ、近藤勇も参拝して腰痛を治したそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more