テーマ:二宮尊徳

二宮尊徳像

二宮尊徳は江戸時代後期の経世家、農政家、思想家で、経世済民を目指 して報徳思想を唱え、報徳仕法と呼ばれる農村復興政策を指導しました。 明治24年(1891年)11月16日に従四位が追贈されています。   
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

報徳二宮神社

二宮尊徳は報徳社を設立して農村の救済・教化運動を積極的に行い、 死後に従四位が贈られました。そして、尊徳を祀る神社創建の動きが起き、明治27年 (1894年)、尊徳の生地である小田原の小田原城址内に報徳二宮神社が建立されました。    
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二宮金治郎像(小田原駅)

二宮尊徳は、江戸時代後期の経世家、農政家、思想家で、通称は金治郎(金次郎と表記されることが多いとのこと)。 相模国足柄上郡栢山村(現在の小田原市栢山)に百姓二宮利右衛門の長男として生まれ、小田原では郷土の生んだ偉人として讃えられています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二宮尊徳遺髪塚

  二宮尊徳の母よしの実家は、旧曽我別所村の川久保太兵衛で、尊徳の指導 により再興された川久保家は、民次郎が跡を継ぐことになったそうです。 民次 郎は尊徳の死去にあたり、遺髪を得て曽我に持ち帰ったとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二宮尊徳墓

東京都文京区の吉祥寺にある江戸時代の農政家二宮尊徳の墓。二宮尊徳(金治郎)は相模国足柄上郡栢山村(現小田原市)に生まれ、 少年の頃の薪を背負いながら本を読んで歩く姿の像で知られています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二宮金次郎像(小学校)

二宮尊徳(通称金治郎、金次郎)の少年の頃の薪を運びながら本を読む像。14歳の時から、尊徳は朝は薪とり、夜は草鞋作りをして、一家4人の生計を立て、これが勤勉の手本とされ、各地の学校にも像が建てられました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more