テーマ:程ヶ谷宿

一里塚跡・上方見付跡(程ヶ谷宿)

  宿場の上方方面の出入り口にあたる上方見付は、程ヶ谷宿の場合には、 外川神社付近にあったとのことで、また此処には一里塚もあったそうです。 保土ヶ谷の一里塚は日本橋から8番目になるそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅籠屋跡(程ヶ谷宿)

  東海道の4番目の宿場町である程ヶ谷宿に残る、旅籠屋(本金子屋)跡。 寛政12年(1800年)の頃の程ヶ谷宿の旅籠屋の数は、37件でしたが、 天保13年(1842年)には、69軒になっていたそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脇本陣跡(程ヶ谷宿)

  東海道の程ヶ谷宿には、本陣の他に脇本陣が3軒置かれていたそうです。 そのうちの一軒が水屋で、天保年間の規模は、建坪128坪(約423㎡)、 間口8間(約14.5m)、奥行16間(約29m)、室数14、だったそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

程ヶ谷宿本陣跡

  程ヶ谷宿は、東海道53次の4番目の、東海道では武蔵国最西端の宿場町。 保土ヶ谷本陣・苅部氏の祖先は、後北条氏の家臣の苅部豊前守康則で、 歴代当主が、苅部清兵衛を名乗ってきたとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高札場跡(程ヶ谷宿)

  程ヶ谷宿は、東海道五十三次の、江戸から4番目の宿場町。高札場は、 幕府や領主からのお触れ等を書き記した木札を掲示した施設で、街道 に面した人通りの多い場所に設置されることが多かったとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

問屋場跡(程ヶ谷宿)

  問屋場は、江戸と全国各地の間で送付される幕府の書状の継立や、参勤交代 の大名行列時などに周辺の村々から動員された人足・馬の差配を取り仕切る 場所で、街道に面した宿場の中心に設置されている場合が多かったようです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

助郷会所跡(程ヶ谷宿)

  助郷とは、江戸時代に、幕府が諸街道の宿場の保護、および、人足や馬の 補充を目的として、宿場周辺の村落に課した夫役のこと言うとのことです。 初めは臨時の人馬徴発でしたが、後に助郷制度として恒常化したそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帷子橋跡

  横浜の天王町駅前公園にある、旧東海道に架かっていた帷子橋の跡。 帷子橋は程ヶ谷宿の中にあり、「江戸より八里」の碑が建てられていて、 安藤広重の「東海道五十三次」の保土ヶ谷宿にも描かれている橋です。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧中橋跡(程ヶ谷宿)

  旧東海道の程ヶ谷宿、遍照寺の近くに、旧中橋跡の説明版があります。 かつて、この場所に、今井川を渡る「中橋」が架けられていたそうですが、 幕末に改修工事が行われ、今井川は現在の川筋になったとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more