テーマ:佐久間象山

和蘭式野戦砲

横浜市中区山下町のマンションの前に展示されている大砲。ペリーが再度来日した際、横浜の警備を命じられた松代藩の佐久間象山が用意した大砲 の一つでしたが、断腸の思いでこの地に埋めることなったとのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐久間象山遭難之碑

元治元年(1864年)、佐久間象山は一橋慶喜に招かれて上洛し、慶喜に公武合体論と開国論を説いたとのこと。尊王攘夷派から狙われていた象山は7月 11日、三条木屋町で前田伊右衛門、河上彦斎等の手により暗殺されました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐久間象山生誕地

江戸時代後期の松代藩士で、兵学者・朱子学者・思想家の佐久間象山は、 文化8年(1811年)2月28日、信濃松代藩士・佐久間一学国善の長男として信濃埴科郡松代字浦町で生まれました。生家跡は象山神社の隣接地にあります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐久間象山像(象山神社)

長野市松代町に鎮座する象山神社の鳥居前にある佐久間象山の像。 佐久間象山は江戸時代後期の松代藩士、兵学者・朱子学者・思想家で、同じ松代出身の、山寺常山、鎌原桐山、と共に松代三山の一人とされています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐久間象山碑

佐久間象山は江戸時代後期の思想家で横浜開港の恩人。 日本の開港にあたって象山は当初から横浜の開港を推奨しましたが、 日米修好通商条約で、象山の熱望通り横浜港が開港しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐久間象山像

佐久間象山は江戸時代後期の松代藩士、兵学者・朱子学者・思想家。当時の日本において、洋学の第一人者だった象山は「西洋かぶれ」と見做され、元治元年(1864年)7月11日、三条木屋町で暗殺されました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more