テーマ:横浜開港

神奈川台関門跡

  横浜開港後、生麦事件をはじめとする何件かの外国人殺傷事件が発生。 幕府は警備のため、安政6年(1859年)に横浜周辺に番所や関門を設置 しました。神奈川宿の西側に設置されたのが、この神奈川台関門でした。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神奈川運上所跡

  運上とは、現在の言葉で言うと税金のことで、運上所とは税関のこと。 しかし、当時は税関、外交、港湾などに関する総合的な役所でした。 神奈川県庁本庁舎敷地内に、神奈川運上所跡の碑が建っています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英一番館跡

  横浜が開港したのは安政6年6月2日(1859年7月1日)のことで、開港と 同時に多くの外国商社が横浜に進出してきました。ここは居留地1番地で、 英国商社ジャーディン・マセソン商会横浜支店が店舗を構えたところです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浄瀧寺

  横浜市神奈川区幸ケ谷にある日蓮宗のお寺で、山号は妙湖山。日蓮聖人 に感服した妙湖尼が、自分の庵を法華経の道場にしたのが始まりとのこと。 幕末の横浜開港時には、イギリス領事館に充てられました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成仏寺

  横浜市神奈川区にある浄土宗の寺院で、山号は正覚山、院号は法雨院。 横浜開港の際に、本堂が外国人宣教師の宿舎になり、ヘボン博士、宣教 師のブラウンやバラーなどが滞在したそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

願成寺

  神奈川県横浜市西区にある高野山真言宗のお寺で、山号は法亀山。 明治までは杉山神社の別当寺としてくらやみ坂の下(現・西区役所付近) にあり、横浜開港後に新設された神奈川奉行所の宿舎にもなりました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェラール水屋敷跡

  現在の横浜の元町公園付近から湧き出る水は良質で、この水をフランス人 ジェラールが横浜港に停泊している船まで運び、商売を行っていたそうです。 それで、当時、この付近は、水屋敷と呼ばれていたとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本覚寺

横浜市神奈川区高島台にある曹洞宗のお寺。横浜開港時には横浜港が一望できることから米国領事館が置かれ、生麦事件の時には負傷者が逃げ込み、手当てを受けたとのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甚行寺

横浜市神奈川区青木町にある真宗高田派のお寺。創建は明暦2年(1656年)で、意円上人によってなされたとのことです。また、横浜開港当時には、本堂がフランス公使館に充てられたそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

普門寺

横浜市神奈川区青木町にある真言宗智山派のお寺。洲崎大神、大綱金刀比羅神社のもと別当寺であったそうです。横浜開港時には、イギリス士官の宿舎に充てられました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洲崎大神

横浜市神奈川区青木町にある天太玉命、天比理刀売命を祭神とする神社。源頼朝が安房国一宮の安房神社の霊を移して祀ったのが始まりとのこと。横浜開港時には、開港場と神奈川宿を結ぶ渡船場が近くにあったそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神奈川台場跡

横浜市神奈川区にある幕末期の江戸防衛を目的として築造された砲台跡。勝海舟が設計し伊予松山藩の築造により、万延元年(1860年)の竣工。明治32年(1899年)に廃止されるまで礼砲用として使用されていました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宗興寺

横浜市神奈川区幸ヶ谷にある曹洞宗の寺院で、山号は開塔山。横浜開港時には、ヘボン博士が施療所を開き医療活動を開始した場所。横浜の近代医学はここに始まったと云われています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慶運寺

慶運寺は横浜市神奈川区神奈川本町にある浄土宗のお寺。横浜開港時にはフランス領事館として使用されたこともあり、また、明治期に浦島伝説の伝わる観福寺と合寺し、浦島寺とも呼ばれています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神奈川奉行所跡

横浜開港直後の安政6年(1859年)6月4日に設置された奉行所で、防衛上、外国人居留地から距離を置く高台に設置されたとのことです。明治元年(1868年)に廃止され、その役割は神奈川裁判所に引き継がれました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

井伊直弼像(横浜)

井伊直弼は日米修好通商条約を結んだ幕末期の江戸幕府の大老。横浜開港の功労者として、横浜港を見下ろす高台に像が建てられています。この高台は、直弼の官位である掃部頭から掃部山公園と呼ばれています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more