テーマ:楠木正成

楠木正成公墓所

  楠木正成は延元元年(1336年)5月25日、湊川の戦いに敗れて自害。 湊川神社(明治5年創建)の境内にある墓所には、元禄5年(1692年)、 徳川光圀によって、墓碑「嗚呼忠臣楠子之墓」が建立されました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大楠公像(湊川)

  楠木正成は河内金剛山の西、南河内郡千早赤阪村に居館を構えていたと 云われる武将で、建武の新政の立役者として足利尊氏らと共に活躍しました。 足利尊氏の反抗後は、湊川の戦いで尊氏の軍に破れて自害しました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大楠公戦陣跡

  「太平記」によると、建武3年(1336年)正月、楠木正成勢と足利尊氏勢 がこの地で対陣し、楠木正成勢が足利尊氏勢を追撃したとされています。 一乗寺の楠木正成が陣を構えたとされる所に石碑が建てられています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more