テーマ:滋賀

埋木舎

彦根城佐和口御門近くにある質素な屋敷で、 井伊家の14男として生まれた 井伊直弼が彦根藩主となるまでの不遇の15年を過ごした屋敷として有名。 自らを花の咲かない埋木と同じとして、居宅を「埋木舎」と名づけたそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遠城謙道師之碑

遠城謙道は桜田門外の変での大老井伊直弼公の横死後に仏門に入り、 江戸における井伊家の菩提寺である豪徳寺に移り住みました。 そこで、終生井伊直弼の墓守をして、掃墓、読経で霊を慰めること実に37年に及んだとのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

井伊直弼像(彦根)

井伊直弼は近江彦根藩の第15代藩主。幕末に江戸幕府の大老を務め、 勅許を得ず日米修好通商条約に調印し日本の開国近代化を断行しました。 強権をもって反対勢力を粛清したためにその反動を受け、桜田門外で暗殺されてしまいました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宗安寺

彦根城から程近く、夢京橋キャッスルロードに面してある浄土宗のお寺。 初代藩主井伊直政が上野国から移したお寺で、城下町のほぼ中心に位置し、 朝鮮通信使の宿等になるなどの重要な役割を果たしていたそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彦根城

江戸時代初期に井伊直勝が築城し、幕末まで井伊家14代の居城だった城。 井伊家からは5代6度にわたり大老が輩出され、井伊直弼もその一人でした。 天守閣は現存12天守の一つで、国宝に指定されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

井伊大老歌碑

彦根城の佐和口多聞櫓のすぐ近くにある、井伊大老(直弼)の歌碑。 「 あふみの海 磯うつ波の いく度か 御世にこころを くだきぬるかな 」直弼は和歌においても秀でており、自作の和歌集を編纂したほどだそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長浜城

天正元年(1573年)、浅井氏攻めの功績で羽柴秀吉が浅井氏の旧領であったこの地を信長から拝領して築城した城。この城は秀吉の最初の居城で、秀吉はそれまでの今浜という地名を長浜と改名し、秀吉の城下町経営の基礎を醸成した所です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小谷城跡

小谷城は長浜市湖北町伊部(旧・近江国浅井郡)にあった戦国時代の城。 戦国大名浅井氏3代の居城であり、堅固な山城として知られていました。しかし、織田信長に攻められて、天正元年(1573年)9月1日についに落城し、浅井氏は滅亡しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北条仲時墓

  北条仲時は鎌倉時代の北条氏一門で、鎌倉幕府最後の六波羅探題北方。 元弘3年(1333年)5月、六波羅を攻め落とされると、東国へ落ち延びようと しましたが叶わず、番場の蓮華寺本堂前で一族432人と共に自刃しました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蓮華寺

  滋賀県米原市番場にある、浄土宗(旧時宗)のお寺で、聖徳太子によって 開かれた寺と伝えられ、当初は寺号を法隆寺と称していたとのことです。 六波羅探題北方の北条仲時が、一族郎党432名と伴に自刃したお寺です。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安土城

  天下制覇を目指した織田信長が、琵琶湖畔の安土山に築いた城。岐阜城 よりも京に近く、琵琶湖の水運も利用できる等の利点がありました。優れた 築城技術も導入されていて、以降の各地の築城にも影響を与えました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平宗盛終焉の地

  平宗盛は平清盛の三男、平家一門の武将・公卿で、官位は従一位内大臣。 壇ノ浦の戦いで、宗盛は死にきれずに捕虜となり、鎌倉に送られましたが、 京都に送還される途中、嫡男清宗とともに、近江国篠原宿で斬首されました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

義経元服池

  承安4年(1174年)、鞍馬山を脱出した牛若丸は、現在の滋賀県竜王町の 時の長者「沢弥傳」の屋敷に泊まり、その夜、元服することを決意しました。 この池の水を用いて元服した牛若は以後、源義経と名乗るようになりました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

烏帽子掛けの松

  滋賀県竜王町の鏡神社の参道にある松の古木。鏡の宿でただひとりで元服 した牛若が元服後に鏡神社に参拝し、源九郎義経と名乗りをあげて、源氏の 再興を祈願した際に、この松の枝に鳥帽子をかけたと伝わっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

源義経宿泊館跡

  京都の鞍馬寺より奥州下向の途中、近江の「鏡の宿」(現在の滋賀県竜王町) に到着した牛若丸一行は、承安4年(1174年)3月3日、当時の宿駅の長で あった澤弥伝の「白木屋」の旅籠に宿泊したと伝わっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明智左馬之助湖水渡りの碑

山崎の合戦後、明智光秀の敗死を知り坂本に引き揚げようとした明智左馬之助秀満は、大津の打出の浜で敵に遭遇し窮地に陥りました。しかし、秀満は琵琶湖を馬を泳がせて渡り、坂本に帰り着いたとのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山吹供養塚

義仲寺境内にある木曽義仲の妻そして妾とも云われている山吹の供養塚。山吹は京にいましたが、義仲に逢おうとして大津まで来たとき、義仲戦死の報を聞いて、悲嘆のあまり自害したとも捕られたとも伝わっています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木曾義仲墓

木曾義仲は戦いに敗れ、今井兼平ら数名の部下と共に落ち延びようとしましたが、近江国粟津(現在の滋賀県大津市)で討ち死にをしました。義仲の墓所は室町時代に没地近くに開かれた朝日山義仲寺にあります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巴塚

木曽義仲の愛妻巴は粟津野の戦いで捕えられて和田義盛の妻となりましたが、義盛も戦死したあとは尼僧となり各地を廻ったとのことです。当地にも暫く止まり 、亡き義仲の菩提を弔っていたと伝わっています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松尾芭蕉墓

松尾芭蕉は元禄7年(1694年)10月12日、現在の大阪御堂筋付近にあった花屋仁左衛門の貸座敷で51歳の生涯を閉じました。その遺骸は遺言通り、大津の義仲寺にある木曽義仲の墓の隣りに埋葬されたとのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

義仲寺

滋賀県大津市にある天台宗系の寺院。寺の創建については不詳ですが、木曾義仲の死後、義仲の愛妾であった巴御前が墓所近くに草庵を結び、日々供養したことに始まると伝えられているそうで、別名、巴寺、無名庵、木曽塚、木曽寺、また義仲寺と呼ばれていたそうです。   
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弁慶水

比叡山東塔近くにある「弁慶水」「千手水」「千寿水」などと呼ばれている湧水。比叡山の西塔に住んでいた武蔵坊弁慶が、千日間の「千手堂 (山王院)」参籠の際に、ここの水を汲んだと伝えられています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

にない堂

比叡山西塔にある堂で、向かって右側の法華堂と左側の常行堂が渡り廊下で結ばれています。この渡り廊下を「にない棒」に見立て、武蔵坊弁慶が肩で担ぎ上げたという逸話から「にない堂」と呼ばれているそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

延暦寺

延暦寺は滋賀県大津市坂本本町にある比叡山全域を境内とするお寺で、平安時代初期に最澄によって開かれた日本天台宗の本山寺院。平成6年(1994年)に、ユネスコ世界文化遺産に登録されました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大津事件現場

大津事件は明治24年(1891年)5月11日に、日本を訪問中のロシア帝国皇太子・ニコライ(後のニコライ2世)が、滋賀県滋賀郡大津町(現大津市)で警備にあたっていた警察官・津田三蔵に斬りつけられ負傷した暗殺未遂事件。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平忠度歌碑

平清盛の異母弟、平忠度の歌碑が大津市の長等公園に建てられています。    さざなみや 志賀の都は 荒れにしを 昔ながらの 山桜かな平家一門と都落ちした後、都の俊成の屋敷に赴き、俊成に託した歌の一首。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

粟津原

寿永3年1月21日(1184年3月5日)、近江国の琵琶湖畔粟津原で、木曽義仲と源頼朝派遣の東国諸将との間で行われたのが粟津原の戦い。多勢に無勢の義仲軍は壊滅し、木曽義仲と今井兼平は討死にをしました。今井兼平の墓の脇に粟津原合戦の碑があります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今井兼平墓(粟津)

今井兼平は木曽義仲と乳兄弟にあたり、木曽四天王とも呼ばれていましたが、木曽へと逃れる途中の義仲とともに戦って、粟津で悲壮な最期を遂げました。義仲が討たれると、刀を口に逆立てて馬から跳び降りたと伝わっています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬田の唐橋

明治22年(1889年)まで瀬田川にかかる唯一の橋であった瀬田の唐橋は、交通の要衝であり、京都防衛上の重要地であったことから、壬申の乱、寿永の乱、承久の乱、建武の乱など、様々な戦乱に巡り合ってきました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

槻御殿

槻御殿は延宝5年(1677年)、4代藩主井伊直興により造営が始まり同7年に完成したと伝えられている御殿です。幕末の大老、井伊直弼の生誕地でもあり、直弼は17歳までここで過ごしたとのことです。昭和26年(1951年)には国の名勝に指定されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more