テーマ:群馬

正法寺

  群馬県太田市脇屋町にある高野山真言宗のお寺で山号は脇屋山。創建は 延喜年間ですが、元弘年間(1331年~34年)には、新田義貞の弟である 脇屋義助が、寺領と大般若経600巻を寄進し自らの菩提寺としたそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脇屋義助像

  脇屋義助は新田義貞の弟で、上野国新田郡脇屋に拠ったことから名字 を「脇屋」と称し、兄の義貞とともに南朝方の武将として活躍しました。 脇屋義助の菩提寺である正法寺(群馬県太田市脇屋町)に像があります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脇屋義助遺髪塚

  脇屋義助は新田義貞の弟で、宮方として常に義貞とともに各地で転戦。兄で ある新田義貞の死後は、四国に渡り、伊予の土居氏・得能氏を指導して、一 時は勢力をふるいましたが、伊予国府で発病し、享年38で病没しました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脇屋義助館跡

  脇屋義助は新田義貞の弟で、上野国新田郡脇屋(現在の群馬県太田市 脇屋町)に館があったことから、名字を「脇屋」と称したとのことです。脇屋 義助は兄義貞と共に新田荘で挙兵し、鎌倉に攻め上っていきました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台源氏館跡(新田義貞生誕地)

  新田義貞は正安3年(1300年)年頃、当地である現在の群馬県太田市 由良町で生まれ、やがて反町館で青年期をむかえ、元弘3年(1333年) 5月8日、生品神社で鎌倉幕府打倒の旗をあげたと伝えられています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新田氏累代の墓

  群馬県太田市の円福寺の境内にある、新田氏累代の墓と伝わる石塔群。20 基余りの凝灰岩製の石層塔・五輪塔群があり、そのうちの1基には、元亨4年 (1324年)に新田義貞の祖父が72歳で逝去したと記されています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冠掛の松

  群馬県太田市新田木崎町の大通寺境内にある2代目の「冠掛の松」。 元弘3年(1333年)、新田義貞が鎌倉幕府打倒のため生品神社で挙兵し、 鎌倉へ向かう途中、ここの松に冠をかけて休憩したと伝えられています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご神水(冠稲荷神社)

  承安4年(1174年)、源義経は奥州の藤原秀衡のもとへと向かう途中、この 神社へ参籠し、伊勢野で稲荷神像を見つけて、この清水で洗い清めたとのこ とです。また、自らもこの御神水にて斎戒沐浴したと伝わっているそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金木犀(冠稲荷神社)

  群馬県太田市の冠稲荷神社境内にある新田義貞所縁と伝わる金木犀。 元弘3年(1333年)、新田義貞が挙兵にあたり戦勝を祈願した際に植栽 したと伝えられています。樹高約15m、葉振り約15mの大樹です。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冠稲荷神社

  天治2年(1125年)、源義国の創建と伝わる群馬県太田市に鎮座する神社。 新田義貞が挙兵の際、社の前で兜(冠)の中に神霊を呼び、必勝祈願したこ とから「冠稲荷」、「冠稲荷大明神」と呼ばれるようになったそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

義国供養塔

  群馬県太田市岩松町に鎮座する義国神社の裏手にある古い供養塔。 源義国は新田氏の祖である義重、並に足利氏の祖である義康の父にあ たる武将で、晩年は新田に住み、そこで生涯を閉じたと伝わっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

義国神社

  群馬県太田市岩松町に鎮座する源義国を祭神とする神社。源義国は、 八幡太郎源義家の3男で、新田氏の祖である義重、並に足利氏の祖 である義康の父にあたる平安時代の武将です。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青蓮寺

  群馬県太田市岩松町にある時宗のお寺で、山号は岩松山、院号は義国院。 源義家の3男であり、新田・足利両氏の祖である源義国の開基とされていて、 この地が源義国の館跡と云われていますが、定かではないそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勾当内侍墓・新田義貞首塚

  群馬県太田市の花見塚公園にある勾当内侍の墓と伝わる五輪塔と新田義貞 の首塚。勾当内侍は後醍醐天皇から義貞へ恩賞として与えられたとされる女 性で、義貞の死後は京都嵯峨野の往生院で余生を過ごしたとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花見塚神社

  群馬県太田市武蔵島町の勾当内侍の館跡である花見塚公園内にある神社。 正平元年(1346年)、後醍醐天皇の第3皇子宗良親王は、後醍醐天皇と 皇祖神武天皇を合祀した花見塚神社を建て、南朝の皇運を祈られたそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

源義助板碑

  源義助は新田義貞の弟で、由良郷脇屋村に館を構えていたために脇屋次郎 義助と称していましたが康永元年(1342年)伊予国府において病没しました。 この板碑は義助の菩提を弔うために明王院に建てられたものと思われます。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明王院

  群馬県太田市安養寺町にある安養寺館跡に建てられたお寺。「安養寺殿」 と諡された新田義貞が館の主であったとの説が有力とのことで、安政3年 (1856年)の安養寺村絵図や昭和の地籍図では掘割が確認できるそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駒つなぎの松

  群馬県太田市亀岡町にある「義貞駒つなぎの松」と伝えられている松の木。 元弘3年(1333年)、生品神社で挙兵した新田義貞が鎌倉へ向かう途中、 利根川を渡る前に、乗馬をここの松につないで休憩したと伝えられています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新田義重墓

  源義重は、武家の棟梁として名を馳せた八幡太郎義家の孫で、新田氏の祖。 新田義重は夫人と共にこの地にあった館で晩年を送り、古来よりこの一郭は、 義重夫妻の墓所と伝えられ、徳川幕府により特別に保護されてきたそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満徳寺

  群馬県太田市にあった徳川氏の帰依を得ていたお寺。2代将軍徳川秀忠の 娘・千姫が大坂夏の陣のあと、豊臣家との縁を切るのためにこの寺に入った ことから、鎌倉の東慶寺とともに縁切寺として知られるようになりました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二体地蔵塚

  元弘3年(1333年)、鎌倉幕府は他に比べて多額の税を新田義貞に出さ せるため、出雲介親連と黒沼彦四郎を義貞の所へ送りました。怒った義貞 は出雲介を捕え、彦四郎の首を切り、ここに晒したとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清泉寺

  群馬県太田市世良田町にある真言宗霊雲寺派のお寺。新田義重の娘で 悪源太義平(源義平)の妻が、この地に庵を結んだのがこの寺の起源とさ れていて、境内には悪源太義平のお墓があります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪源太義平墓

  悪源太義平は源義朝の長男で、源頼朝・義経らの異母兄にあたる武将。 平治の乱では父源義朝とともに戦いに敗れ、六条河原で処刑されましたが、 新田義重の娘がその首を持ち帰り、ここに埋葬し寺を建立したとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総持寺(太田市)

  新田氏の館跡に建立されたお寺で、正式名称は威徳山陀羅尼院総持寺。 新田館の主としては、新田一族の祖新田義重居館説、一時期新田氏を 代表した世良田頼氏居館説、新田義貞居館説などがあるそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生品神社

  群馬県太田市新田市野井町にある神社で、国の史跡「新田荘遺跡」の一部。 元弘3年(1333年)5月8日、新田義貞が後醍醐天皇より鎌倉幕府倒幕の 綸旨を受け、産土神である生品神社境内で旗揚げをしたと伝えられています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

矢止之松

  群馬県太田市新田反町町にある新田義貞にまつわる伝説の松。新田義貞 が生品神社で旗揚げした際、南方に戦の吉凶を占う鏑矢を放ったところ、そ の矢がこの松に当たったと伝わっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反町館跡

  群馬県の「新田荘遺跡」のうちの1つで、現在は照明寺の境内となっている この地は、新田荘における代表的な館跡で、国の史跡にも指定されていま す。新田義貞の居館跡ともいわれ、周囲には堀や土塁が残されています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江田館跡

  平成12年に国指定史跡に指定された群馬県太田市にある新田荘遺跡。鎌倉 攻めに従軍した江田行義の館跡であり、その後、戦国時代には金山城主横瀬 氏の家臣矢内四郎左衛門が館を拡張して住んだと伝えられています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世良田東照宮

  群馬県太田市世良田町にある神社で、徳川家康を祭神とする東照宮の1つ。 関東に入った徳川氏は、この地を発祥地とし新田氏から分立した世良田氏の 末裔を自称していたため、徳川氏ゆかりの地ともされました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新田義貞像(新田荘歴史資料館)

  新田義貞は鎌倉時代の末期、足利氏と並び武家を統率する家系であった 新田家の当主で、足利尊氏の対抗馬であり好敵手でもあった武将です。出 身地の世良田にある新田荘歴史資料館の前には銅像が建てられています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more