テーマ:名号碑

唯念名号碑

  唯念(1789年-1880年)は相模・伊豆・駿河にかけて各地に念仏講を組織 し、阿弥陀如来の名号を唱えることによる功徳を説いて、多数の信者を指導し ました。小田原市曽我別所、県道72号線沿いに名号碑が建てられています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大名号碑

  京都市山科区の粟田口にある、木食正禅養阿上人が建立した大名号碑。 木食とは、五穀を断ち草木皮のみで生きる修行のことで、上人が、享保2年 (1717年)に、永代供養のために建立した名号碑のうちの一つだそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more