テーマ:歴史的建造物

蔵造りの町並み

埼玉県川越市の中心部には「蔵造りの町並み」が今も残されています。 蔵造りは類焼を防ぐために江戸の町家形式として発達した巧妙な耐火建築ですが、今の東京では見ることのできない江戸の面影を川越にとどめています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時の鐘

川越の蔵造りの街並みを代表する市のシンボルとなっている鐘楼(時計台)。古くは鐘撞き守が決まった時間に時を知らせていましたが、現在では機械式で 1日に4回、川越城下に時を知らせているそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧横浜市外電話局

旧横浜市外電話局は、昭和4年(1929年)に横浜中央電話局として逓信省が建設しました。設計をおこなったのは横浜出身の逓信省技師中山広吉。平成12年(2000年)度に横浜市認定歴史的建造物となり、現在は横浜都市発展記念館・横浜ユーラシア文化館として利用されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜赤レンガ倉庫

明治末期から大正初期にかけて新港埠頭に建設された保税倉庫。現在は、展示スペース、ホール、商業施設などとして利用されていて、横浜の人気観光スポットの一つになっています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖パウロカトリック教会

長野県北佐久郡軽井沢町にあるカトリックの教会。昭和10年(1935年)に英国人のワード神父により設立され、米国建築学会賞を受賞したアントニン・レーモンドが設計を担当、軽井沢の歴史的建造物の一つになっています。また、数々の小説にも登場し、ここで結婚式をあげた有名人も多いとのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉駅旧駅舎時計台

鎌倉駅は明治22年(1889年)の開業。大正5年(1916年)に2代目駅舎が落成して時計塔がつくられました。昭和59年(1984年)に国鉄の駅舎が現在のものに改築された際に、この2代目駅舎時計塔が駅西広場へ移設され、現在は、鎌倉駅西口広場の待ち合わせ場所のよい目印となっています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神谷神社

香川県の坂出市東部、五色台の一峰・白峰山の麓に鎮座する神社。 社伝によると、弘仁3年(812年)に空海の叔父にあたる阿刀大足が社殿を造営し、相殿に春日四神を勧進したのが始まりとのこと。本殿は造営年代が明らかな流造社殿の中では最古のもので、国宝に指定されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

練習帆船日本丸(初代)

その美しさは海の貴婦人とも呼ばれていた、かつての日本の航海大型練習帆船。現在は横浜の日本丸メモリアルパークに係留されていて内部は一般公開されています。また総帆展帆、満船飾などのイベントも年に数回行われています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神奈川県庁庁舎

昭和3年(1928年)10月に完成した帝冠様式の建造物で、県内で最初の国登録有形文化財です。「キングの塔」の愛称を持ち、「クイーンの塔」、「ジャックの塔」とともに、横浜三塔の一つとして市民に親しまれています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大講堂(江田島)

江田島にある旧海軍兵学校時代からの大講堂。大正6年(1917年)に兵学校生徒の入校式、卒業式また精神教育の場として建築され、現在も幹部候補生、第1術科学校の学生等の入校式、卒業式等儀式に使用されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教育参考館(江田島)

広島県の江田島にある展示資料館で、海軍兵学校卒業生の積立金及び 一般企業等の寄付をもって、昭和11年(1936年)に建築されたそうです。 内部には旧日本海軍に関する貴重な資料が数多く展示されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海軍兵学校生徒館(江田島)

広島県の江田島にある、通称「赤レンガ」とも呼ばれる旧海軍兵学校の象徴ともいえる建物。明治26年(1893年)に海軍兵学校生徒館として生徒の教育のため建築され、現在は海上自衛隊幹部候補生学校庁舎になっています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

錦帯橋

山口県岩国市の錦川に架橋されていて、日本三名橋や日本三大奇橋に数えられている5連のアーチからなる橋。 全長193.3m、幅員5.0mで、主要構造部は組木の技術によって釘は1本も使わずに造られています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反橋(厳島神社)

厳島神社の裏手にあり、陸地と社殿とを結ぶ橋。朝廷からの勅使が参拝するときにこの橋を渡って本殿に向かったと伝わっていて、勅使橋とも呼ばれています。長さ23m、幅4mの橋で、国の重要文化財に指定されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五重塔(宮島)

宮島の厳島神社の北側の丘の上に建つ、高さ27.6mある応永14年 (1407年)に建立されたもの伝わる五重塔。正式には厳島神社・五重塔 ではなく、「厳島神社の末社・豊国神社の五重塔」とのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大鳥居(厳島神社)

厳島神社の沖合約200mの所に立つ、春日大社・気比神宮の大鳥居と共に「日本三大鳥居」に数えられる大鳥居で、高さは16.6m。現鳥居は明治 8年(1875年)の再建で、平清盛の造営時から8代目と言われています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜市開港記念会館

横浜港開港50周年記念事業として、大正6年(1917年)に完成した建物。 関東大震災で全焼しましたが、再建されて国の重要文化財になっています。 ジャックの塔の愛称を持ち、現在も中区公会堂として利用されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新橋跡の親柱

汐留川に宝永7年(1710年)に架けられた橋は「新橋」また「芝口橋」と呼ばれ ましたが、その橋の明治時代の初めにデザインされた親柱が、銀座の入り 口、銀座八丁目の中央通り沿いの首都高の高架下に残されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

掛川城御殿

静岡県の掛川城二の丸にある御殿。前の御殿が嘉永7年(1854年)に大地震で倒壊したため、安政2年(1855年)から文久元年(1861年)にかけて現在の御殿が再建されました。国の重要文化財に指定されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江川邸

静岡県伊豆の国市韮山にある韮山代官所だった屋敷。韮山代官は江川家によってほぼ世襲され、代々江川太郎左衛門を名乗り、この屋敷は江川邸と呼ばれています。主屋その他が国の重要文化財に指定されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韮山反射炉

韮山反射炉は静岡県伊豆の国市に現存している反射炉の遺跡。 平成27年(2015年)に「明治日本の産業革命遺産、製鉄・製鋼、造船、 石炭産業」として、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に正式登録されました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

博物館網走監獄

明治から網走と深い関わりのある網走刑務所の旧建造物を天都山の中腹に移築復元などして保存公開している野外博物館。「五翼放射状平屋舎房」は刑務所の施設としては日本国内最古で、木造の行刑建築としては世界最古のものだそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札幌市時計台

正式名は「旧札幌農学校演武場」、通称として「札幌時計台」。北海道庁旧本 庁舎(赤レンガ庁舎)と並び、札幌市の観光スポットです。現在は周囲を高層 ビル群で囲まれている状況で、日本三大ガッカリ名所の一つとされています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明治丸

明治丸は灯台巡視船として日本が英国に発注し、明治7年(1874年)に竣工 した汽船。天皇の乗る御召し船や練習船としても使用されました。現在は、 東京海洋大学越中島キャンパスに国の重要文化財として保存されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京商船大学旧天体観測所(第一観測台)

東京海洋大学越中島キャンパスにある東京都の登録有形文化財(建造物)。 煉瓦造2階建で、経緯儀室または赤道儀室が置かれていました。丁寧な造りの建物で、現存する数少ない明治期の天体観測施設として価値があります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京商船大学旧天体観測所(第二観測台)

東京海洋大学越中島キャンパスにある東京都の登録有形文化財(建造物)。 平面は八角形で屋根は八角錐、鉄板葺とする明治期の観測施設。細部意匠は第一観測台と類似し、設計は両者とも三橋四郎と推定されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

覆堂(金色堂)

中尊寺の金色堂は建立当初は屋外に建てられていましたが、正応元年 (1288年)に鎌倉将軍惟康親王の命令で堂を外側から包む形の覆堂が建設されました。現在、この覆堂は移築され重要文化財に指定されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観月堂

鎌倉の大仏で知られている高徳院の境内にある観月堂。15世紀中頃、漢陽 (今日のソウル)の朝鮮王宮内に建築されたと伝えられる建物で、大正13年(1924年) に、杉野喜精氏によって、東京目黒の私宅から移築・寄贈されたとのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿弥陀如来坐像

鎌倉市長谷にある高徳院の本尊で「鎌倉大仏」「長谷の大仏」として知られ、 像高約11.39メートル(台座を含め高さ13.35メートル)、重量約121トン。 鎌倉のシンボルともいうべき像で国宝に指定されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島原大門

日本初の幕府公認の遊女街である京都の島原の東入口にあたる大門で、 京都市の登録有形文化財。大門は明和3年(1767年)に現在地に付け替 えられ、現在の門は慶応3年(1867年)に建てられたとのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more