蛇苦止堂

 
建仁3年(1203年)の比企の乱で、比企の娘の若狭局は井戸に投身自殺。
その後、文応元年(1260年)、北条政村の娘が若狭局の霊に祟られたので、
政村が若狭局を蛇苦止明神として、この蛇苦止堂に祀ったと伝わっています。


画像






 

"蛇苦止堂" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント