扇塚と芭蕉句碑

浅草寺近くの弁天堂の下に、扇塚と芭蕉句碑が並んで建てられています。扇塚は日本舞踊で使用し古くなり、使えなくなった扇子に感謝し供養する処。また「くわんをんの いらか見やりつ 花の雲」の句が刻まれた芭蕉句碑は、元は浅草寺本堂の北西の銭塚不動の近くにありましたが戦後この地に移建されたそうです。
コメント:0

続きを読むread more

紀伊和歌山藩徳川家屋敷跡

紀伊和歌山藩徳川家は徳川御三家の一つで、初代藩主は徳川家康の10男頼宣。8代将軍吉宗、14代将軍家重が紀伊徳川家から出ています。その紀州徳川家の上屋敷跡が、現在では複合商業施設である東京ガーデンテラス紀尾井町になっています。
コメント:0

続きを読むread more

玉川上水の石枡

東京都千代田区の清水谷公園内に展示されている玉川上水の石枡。この石桝は昭和45年(1970年)に麹町3丁目で出土した玉川上水幹線(本管)の一部。玉川上水は承応2年(1653年)に着工、翌3年6月に完成した水道で、多摩川の水を羽村から取水し、四谷大木戸まで通す43kmにも及ぶものでした。
コメント:0

続きを読むread more

贈右大臣大久保利通公哀悼碑

大久保利通は明治維新の元勲であり、西郷隆盛、木戸孝允と並んで「維新の三傑」と称された政治家。 明治11年(1878年)5月14日、馬車で皇居へ向かう途中、紀尾井坂付近の清水谷(現在の東京都千代田区紀尾井町)で暗殺されました。享年47歳。暗殺現場近くの清水谷公園に哀悼碑があります。
コメント:0

続きを読むread more

日枝神社

東京都千代田区永田町にある神社。太田道灌が江戸城築城にあたり川越日枝神社を勧請したのに始まりで、徳川家康が江戸に移封された際に城内の紅葉山に遷座して江戸城の鎮守としたそうです。 その後、明暦の大火で社殿焼失のため、万治2年(1659年)、江戸城の裏鬼門にあたるこの地に遷座したとのことです。
コメント:0

続きを読むread more

代々木

明治神宮参道に立つ「代々木」の地名の由来となったとされている樹木。江戸時代に彦根藩井伊家下屋敷であった当地には代々樅の巨木があり「代々大きな木があった」という意味で「代々木」の地名が発祥したそうです。なお当時の木は、昭和20年5月の空襲の際、撃墜されたB-29が直撃して焼失したそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明治神宮

東京都渋谷区に鎮座し明治天皇と昭憲皇太后をご祭神とする神社。境内には多くの樹木が育ち、神宮の森とも呼ばれ、都心部の貴重な緑地として親しまれています。また、初詣では例年日本一の参拝者数を誇っています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more