左馬神社

  横浜市泉区下飯田町に鎮座する神社で、境川沿いに多く見られるサバ神社の一社。祭神は左馬頭源義朝で、平安時代末期に飯田五郎家義が勧請したとも、小田原北条時代に領主川上藤兵衛が勧請したとも言われています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士塚城址

  横浜市泉区下飯田の富士塚公園に「富士塚城址」の碑が建っています。 飯田五郎家義の館があったとされているところで、飯田家義は、石橋山の 合戦で、大庭景親に従いながらも、頼朝の危機を救ったと伝わっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

由比若宮遙拝所

  鎌倉の鶴岡八幡宮はもともとは材木座にあり、由比若宮と呼ばれています。 その由比若宮を現在の鶴岡八幡宮から遙拝できるのがこの場所で、舞殿か ら白旗神社へ向かう途中の右手にあります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白旗神社(鶴岡八幡宮)

  鎌倉鶴岡八幡宮の舞殿から東の方に100m程のところにある神社で、 北条政子によって創建され、祭神は源頼朝と源実朝とのことです。黒漆 塗極彩色の社で、武衛殿(武衛とは頼朝のこと)とも呼ばれています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若宮大路幕府跡

  鎌倉幕府は当初、大蔵の地に置かれましたが、その後宇津宮辻に移動。 さらに、嘉禎2年(1236年)に若宮大路御所に移されました。そして、 元弘3年(1333年)、鎌倉幕府はついに、この地で終焉を迎えました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東勝寺橋

  鎌倉旧市街地最大の河川である滑川の中流部に架かる橋で、この橋を 西から東へと渡ると、北条氏滅亡の地である東勝寺跡があります。また、 この橋の付近は、青砥藤綱の故事伝承が残るところでもあります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東勝寺跡

  東勝寺はかつて鎌倉市葛西ケ谷にあったお寺で、北条氏の菩提寺である と同時に、城塞の意味をもった寺院であったと推測されているそうです。 鎌倉幕府滅亡時には、北条高時ら北条氏一門多数が自刃したところです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹切りやぐら

  鎌倉幕府は、元弘3年(1333年)、新田義貞による鎌倉攻めにより滅亡。 北条一族とその家臣約800名は、東勝寺に追い詰められ自害したとのこと。 東勝寺跡の近くに、当時の戦死者を弔ったと伝わる腹切りやぐらがあります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新羅三郎手玉石

  新羅三郎は源頼義の三男、源義家の弟で、近江国の新羅明神(大津三井 寺新羅善神堂)で元服したことから新羅三郎と称したとのこと。新羅三郎が 勧請した鎌倉の八雲神社に「新羅三郎手玉石」なる石があります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八雲神社

  鎌倉の大町にある、1083年創建の鎌倉最古と云われている厄除け神社。 源義家の弟・源義光が京都の祇園社から祭神を分霊して祀り祈願したところ、 疫病が鎮まり、厄除け開運の神社として知られるようになったとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more