大山道

 
大山道は主に江戸時代に関東各地からの大山阿夫利神社への参詣者が
通った古道の総称。その中の一つ、六本松通り大山道が現在の小田原市
から曽我別所を通って大山へと向かって伸びていました。


画像






 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック