冠掛の松

 
群馬県太田市新田木崎町の大通寺境内にある2代目の「冠掛の松」。
元弘3年(1333年)、新田義貞が鎌倉幕府打倒のため生品神社で挙兵し、
鎌倉へ向かう途中、ここの松に冠をかけて休憩したと伝えられています。


画像






 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック