冠稲荷神社

 
天治2年(1125年)、源義国の創建と伝わる群馬県太田市に鎮座する神社。
新田義貞が挙兵の際、社の前で兜(冠)の中に神霊を呼び、必勝祈願したこ
とから「冠稲荷」、「冠稲荷大明神」と呼ばれるようになったそうです。


画像






 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック