大楠公戦陣跡

 
「太平記」によると、建武3年(1336年)正月、楠木正成勢と足利尊氏勢
がこの地で対陣し、楠木正成勢が足利尊氏勢を追撃したとされています。
一乗寺の楠木正成が陣を構えたとされる所に石碑が建てられています。


画像






 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック