蛍岩

 
平安時代に、女流歌人の和泉式部が貴船神社に参詣して恋の成就を祈り、
  「もの思へば沢の蛍もわが身よりあくがれ出づる魂かとぞ見る」
と有名な歌を詠んだのが、この蛍岩近辺の光景だといわれています。


画像






 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック