箱根関所

 
江戸幕府によって元和5年(1619年)から明治2年(1869年)まで、相模国
足柄下郡箱根(現箱根町箱根)の芦ノ湖湖畔に設置された東海道の関所で、
「入鉄炮に出女」に象徴される厳重な監視体制が採られていました。


画像






 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック