桜屋跡

 
広重の「東海道53次」の神奈川・台之景にも描かれているのが、「さくらや」。
文久3年に、田中家の初代がその「さくらや」を買い取り「田中家」がスタート。
坂本龍馬の妻おりょうも、住み込みの仲居として勤めていたとのことです。


画像






 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック