八木家(壬生)

 
文久3年春、江戸から京に入った浪士隊が宿営した京都壬生村の郷士の家。
その後分裂した浪士隊の一部が新撰組を結成し、この八木家を屯所としまし
た。内部抗争で芹澤鴨が暗殺された部屋とその時の刀傷が残されています。


画像






 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック