四つ杭跡

 
大塔宮護良親王が鎌倉で殺害された後、その御首は家臣の手によりこの
地まで運ばれてきて、井戸の水で清められたと伝わっています。その際に、
4本の杭を打ち祭壇にしたとされる場所が、史跡となっています。


画像






 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック