腹切りやぐら

 
鎌倉幕府は、元弘3年(1333年)、新田義貞による鎌倉攻めにより滅亡。
北条一族とその家臣約800名は、東勝寺に追い詰められ自害したとのこと。
東勝寺跡の近くに、当時の戦死者を弔ったと伝わる腹切りやぐらがあります。


画像






 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック